MENU

リフォームコラム

ご自宅の屋根形状はどんな形?

ご自宅の屋根を見たことはありますか?どんな素材かなど、難しいことは一旦置いておいて!!

まず形の名前を覚えよう!!

切妻(きりづま)屋根
日本人が“屋根”と聞いてすぐに思い浮かぶのがこの形。

2枚の流れ面が頂上部で合わさった、三角のシンプルな形です。

新築時もメンテナンス時も費用が安価に抑えられる利点があります。

 

寄棟(よせむね)屋根

寄棟屋根とは、屋根の頂上で4枚の流れ面が合わさっているタイプの屋根です。

切妻屋根と形は似ていますが、4枚の流れ面で屋根を寄せることにより、傾斜面が切妻屋根より短くて済むのが特徴です。

一方で切妻屋根に比べると継ぎ目が多く役物を使う量も多いことから、建設費が切妻屋根より10%程度割高になる傾向があります。

 

片流れ(かたながれ)屋根
片流れ屋根は、頂点から片方にだけ流れ面があるタイプ。切妻屋根を半分にしたような屋根です。モダンな印象があり、小さな敷地の建物にもフィットすることから、近年の新築物件に多く見られるようになりました。

新築時の費用が安価に抑えられ、メンテナンスも容易。また太陽光発電パネルなども設置しやすいメリットがあります。

 

陸屋根(ろくやね 又は、りくやね)
屋上がある水平な屋根でフラットルーフとも言います。ルーフバルコニーを活用できる点や、スッキリとしたデザイン性が好まれ、近年少しずつ増えているタイプです。また豪雪地方では落雪による事故防止の観点から、陸屋根の家もよく見られます。

※ただし屋根部分が水平で傾斜がないので、水がたまって雨漏りを起こしやすくなるデメリットがあります。陸屋根を採用する場合には、一見水平に見えて緩やかに傾斜がついている“陸屋根風”の造りにすることも可能です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\ お気軽にお問い合わせください! /
無料見積もり・お問い合わせは
こちら
0120-272-833
営業時間 09:00 ~ 19:00 (年中無休)