Reformリフォーム情報

lavatory洗面

洗面は家族みんなが、洗面やメイク、脱衣、選択など毎日さまざまな目的で使用する場所

それだけに、たくさんの小物が散らかりがちです。
限られたスペースを有効に活用するためには洗面化粧台選びが大切なポイントです。また、清潔で明るい空間を保つための工夫も取り入れれば快適な洗面スペースが実現します。

洗面化粧台の基礎知識

洗顔や洗髪以外にも、洗濯物の手洗いやメイクアップなど、家族みんながさまざまな使い方をする洗面化粧台。どんなものを選ぶかは、使い勝手はもちろんのこと、収納性やデザイン性も重要なポイントです。
近年の洗面化粧台は、より使いやすく進化を続けています。

  • ボウルタイプ
    ボウルタイプ
    ボウルをセットしたキャビネットに照明器具、ミラー、収納スペースなどを組合わせたものが一般的。サイズの主流は幅が75cmタイプで、ミラー、水栓、キャビネットの組合わせ方によって価格が違ってきます。
    また、スペースに応じて自由にパーツを組合わせることも可能。最近では、車イス仕様や自動照明など高機能タイプも登場しています。
  • カウンタータイプ
    カウンタータイプ
    洗面ボウルと水栓金具、カウンターなどのパーツを自由に組合わせることができます。足下をオープンにしたり、キャビネットにしたりといろいろ選べます。
    また、高級感のある人造大理石のカウンターを1mmピッチでフリーオーダーできるタイプもあります。インテリアとして、デザインや機能美にこだわる人におすすめしたいハイグレードタイプです。

洗面化粧台選びのポイント

洗面台は顔や手を洗うだけの空間から「メイクするドレッサー」「衣類をつけおき洗いする場所」に使うなど使用方法が多様化。それにともなって機能もデザインも向上しました。

  • キャビネット
    キャビネット
    洗面台や洗濯機の上に設置する「ウォールキャビネット」、横のスペースを使う「サイドキャビネット」など空間に合わせて選択。
  • ベースキャビネット
    ベースキャビネット
    ベーシックな「扉」タイプ、収納しやすい「引き出しタイプ」の2種類。基本的な間口サイズは60・75cmですが、90、100cmも人気です。扉の色柄も多彩なので家具とのコーディネートも可能に。
  • ミラー・収納
    ミラー・収納
    通常は鏡の横に収納が付きますが、鏡裏が収納になった「二面鏡」「三面鏡」は小物が片付くので便利。「両開き三面鏡」は顔の近くまで引寄されるのでメイク時に重宝。
  • 昭明
    照明
    白熱灯、蛍光灯を使うのが一般的。
    メイク用の補助照明付きタイプもGOOD!
  • ボウル
    ボウル
    使う目的に応じて、素材・サイズ・形状を選びましょう。奥行きは50・60cm高さは75・80cmが標準です。長身の方向けに85・90cmを備えているメーカーもあります。
  • 水栓
    水栓
    洗面台として使用する場合「2ハンドル混合栓」「シングルレバー混合栓」でも十分ですが、主流は「シングルレバーシャンプー水栓」。サーモ付きや清掃性の良い壁付き水栓も便利。
  • その他
    その他
    キャビネットには、すぐお湯が出せる「電気温水器」、寒い時期に使いたい「足元温風機」などが設置できます。