Introduce Systemリフォーム制度のご紹介

Housing stock circulation support project住宅ストック循環支援事業

住宅のエコリフォーム

持ち家の省エネ性能を向上させるリフォーム(エコリフォーム)に対して補助します。
次の要件をすべて満たすリフォーム工事を対象にします。

  1. 自ら居住する住宅について、施工者に工事発注して、エコリフォームを実施すること
  2. エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること
  3. 予算成立日(平成28年10月11日)と事業者登録した日のいずれか遅い日以降に、工事着手すること
対象工事

※1~3のいずれか1つが必須、かつ、1~3の補助金の合計が5万円以上。
原則として、国のほかの補助金制度との併用は不可。

  1. 自ら居住する住宅について、施工者に工事発注して、エコリフォームを実施すること
  2. エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること
  3. 予算成立日(平成28年10月11日)と事業者登録した日のいずれか遅い日以降に、工事着手すること
エコ住宅設備
太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓
  1. 併せて対象とするリフォーム等
    1. バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
    2. エコ住宅設備の設置※1(1種類又は2種類の設置)
    3. 木造住宅の劣化対策工事※2(土間コンクリート打設等)
    4. 耐震改修※3
    5. リフォーム瑕疵保険への加入※3
補助額

実施したエコリフォームの工事内容に応じた補助額の合計額を補助。

開口部の断熱改修
  • ガラス交換
    既存のガラスを複層ガラスなどに交換
    3,000~8,000円
  • 内窓設置
    既存サッシの内側に樹脂製の内窓を設置
    8,000~20,000円
  • 外窓設置
    古いサッシを枠ごと取り外し新しい断熱窓を取り付け
    8,000~20,000円
  • ドア交換
    古いドア・引き戸を新しいドア・引き戸に交換
    20,000、25,000円
外壁、屋根、天井又は床の断熱改修
  • 外壁の断熱改修
    既存の外壁の断熱材を撤去し、敷込断熱等を施工
    120,000円(60,000円)
  • 屋根・天井の断熱改修
    既存天井の断熱材を撤去し、敷込断熱等を施工
    36,000円(18,000円)
  • 屋根・天井の断熱改修
    既存天井をそのままに吹込断熱等を施工
    36,000円(18,000円)
  • 床の断熱改修
    床下・木曽に敷込断熱等を施工
    60,000円(30,000円)
設備エコ改修

※5種類のエコ住宅のうち、3種類以上設置する工事

  • 太陽熱利用システム
    屋根に集熱機を設置し、軒先や屋内などに蓄熱槽を設置
    24,000円
  • 高断熱浴槽
    -
    24,000円
  • 節水型トイレ
    -
    24,000円
  • 高効率給湯器
    • 電気ヒートポンプ給湯器
    • 潜熱回収型ガス給湯器
    • 潜熱回収型石油給湯器
    • ガスエンジン給湯器
    • ヒートポンプ、ガス瞬間式併用型給湯器
    24,000円
  • 節湯水栓
    • 台所水栓 「手元止水機能」又は「水優先吐水機能」
    • 洗面水洗「水優先吐水機能」
    • 潜熱回収型石油給湯器
    • 抑止シャワー水洗 「手元止水機能」又は「水優先吐水機能」※シャワーヘッドのみの交換は除く
    24,000円

※A~Cのリフォームは、工事内容・設備の種類ごとに、各1箇所分の額を補助
※D、Eは管理組合が発注者である共同住宅(共用部分)のリフォーム等として申請可能

  • バリアフリー改修
    対象工事 補助額
    手すりの設置 6,000円
    段差解消 6,000円
    廊下幅等の拡張 30,000円
  • エコ住宅設備の設置

    『3.設備のエコ改修』と同じエコ住宅設備のうち、2種類以下の設備を設置

  • 木造住宅の劣化対策

    ※リフォーム瑕疵保険に加入するものに限る

    木造住宅の劣化対策
    浴室・脱衣室
    浴室ユニットバス設置 30,000円
    脱衣室の耐水性仕上げ 8,000円
    小屋裏
    小屋裏換気口設置 8,000円
    小屋裏点検口設置 3,000円
    床下
    土間コンクリート打設 120,000円
    床下点検口設置 3,000円
    軸組、土台
    防腐防蟻処理 20,000円
  • エコ住宅設備の設置

    『3.設備のエコ改修』と同じエコ住宅設備のうち、2種類以下の設備を設置

  • 耐震改修150,000円 / 戸

    耐震性を有しない住宅を現行の耐震基準に適合させる工事

    現行の耐震基準
    • 建築基準法施工令第3章および第5章の4に規定する基準
    • 耐震改修促進法に基づく「自身に対する安全上耐震関係規定に順ずるものとして国土交通大臣が定める基準」(平成18年国土交通省告示代185号)
  • リフォーム瑕疵保険11,000円 / 件

    エコリフォームについて、保険法人が取り扱うリフォーム瑕疵保険に加入した場合
    (マンションの共用部分については大規模修繕工事瑕疵保険が対象)

  • 補助限度額

    30万円/戸(耐震改修を行う場合 45万円/戸)

補助事業の進め方・手続き

木造住宅の劣化対策
申請期限等

※正式な申請期限などは、事務局より申請マニュアルやホームページ等でお知らせ。

工事着手(請負契約)※
予算成立日(平成28年10月11日)と事業者登録を行った日のいずれか遅い日以降
工事完了※
上記の工事着手日~遅くとも平成29年12月31日
事業者登録
平成28年11月1日~平成29年3月31日
補助金交付申請※
平成29年1月18日(予定)~遅くとも平成29年6月30日
完了報告※
遅くとも平成29年12月31日まで

※事業者登録以外の期限は、事業の実施状況を踏まえ、変更する場合があります。

耐震性を有することの確認について

※エコリフォームの対象住宅について、次のいずれかの書面により確認

  • 建築確認がなされた日付が昭和56年6月1日以降の建築確認済証等
  • 表示登記がなされた日付が昭和58年4月1日以降である登記事項証明書
  • 建築士が耐震性を有することを確認した、所得税などの証明書又は本制度独自の証明書