Introduce Systemリフォーム制度のご紹介

Wood use point木材利用ポイント

木材利用ポイントって何?

「木材利用ポイント」とは、地域材の需要喚起のために地域材を活用した、木造住宅の新築や内装・外装の木質化工事、木材製品の購入などに対してポイントを発行し、地域の農林水産物などと交換する制度。地域材を適切に利用することで、森林が整備・保全され、地球温暖化防止や循環型社会の形成に貢献し、農山漁村地域の振興に資するとして、林野庁が支援している事業です。木材利用ポイントをもらえるのは、次のような場合です。

  • 木造住宅の新築や増築、購入
  • 住宅の床や内壁、外壁の木質化工事
  • 木材製品や木質ペレットストーブなどの購入

このうち、住宅に関係する(1)と(2)について、詳しく解説します。
まず、いずれの場合も、平成25年4月1日から平成26年3月31日までに工事に着手するもの(工事請負契約の締結時点)という期限があることを押さえておきます。 次に工法や地域材に条件があります。木造住宅であれば、なんでもよいというわけではありません。
例えば、工法については、スギ、ヒノキ、カラマツ、トドマツ、アカマツ、クロマツ、リュウキュウマツ、アスナロを主要構造材等として1/2を超えて使用する木造軸組工法(2×4工法または丸太組構法の場合は、スギ、ヒノキ、カラマツ、トドマツを主要構造材とする)などの例示がされています。 また、主要構造材等として1/2を超えて使用する地域材として、「スギ、ヒノキ、カラマツ、トドマツ、アカマツ、クロマツ、リュウキュウマツ、アスナロ」のほかに、都道府県や民間機関、林野庁のガイドライン等により産地等が証明される木材とされています。 そして最も重要なのは、地域材の利用拡大に取り組む「登録工事業者」が施工したものに限定されることです。登録事業者とは、都道府県の協議会や有識者委員会で認定され、事務局に登録された事業者のことです。フジ・ホームは登録工事業者ですので、ご安心ください。

発行される木材利用ポイント数は?

住宅エコポイントと同様に、1ポイントが1円相当で、工事内容によってポイント数が異なります。新築や購入などの場合は、1棟当たり30万ポイント、木質化工事の場合は、1万5000ポイント以上で上限は30万ポイントまでとなります。(詳細は、図を参照ください。) したがって、木造の住宅を新築する場合などでは、主要構造材で地域材を使い、床や内壁、外壁にも地域材を使えば、最大で60万ポイントがもらえることになります。

  • 01木造住宅の新築、増築、購入。
    1棟当たり30万ポイント
    ※東日本大震災の被災地の場合は最大で50万ポイント
  • 02住宅の床や内壁、外壁の木質化工事
    【図1】発行ポイント数(林野庁の資料から引用作成)
    新築
    • 9㎡…2万1000ポイント
    • 以降3㎡増えるごとに7000ポイントを加算
    リフォーム
    • 9㎡…3万ポイント
    • 以降3㎡増えるごとに1万ポイントを加算
    内壁 新築
    • 9㎡…1万5000ポイント
    • 以降3㎡増えるごとに5000ポイントを加算
    リフォーム
    • 9㎡…2万1000ポイント
    • 以降3㎡増えるごとに7000ポイントを加算
    外壁 新築/リフォーム
    • 10㎡…1万5000ポイント
    • 以降10㎡増えるごとに1万5000ポイントを加算

木材利用ポイントの申請方法や交換商品は?

木材利用ポイントの申請方法は、住宅エコポイントの場合と同様に、住宅の購入者や工事発注者が申請書類を窓口に持参するか、郵送する方法で行います。
交換商品は、地域の農林水産品、農山漁村地域における体験型旅行、商品券、森林づくり・木づかい活動に対する寄附、被災地に対する寄付などに交換できるほか、即時交換(木材利用ポイント対象の工事以外の木材を使用した工事の費用に充当)を行うことができます。ただし、商品券や即時交換は、木材利用ポイントの50%までとされています。
住宅におけるポイント制度では、平成23年7月31日までに着工したものを対象とする「住宅エコポイント」と平成23年10月21日~平成24年10月31日までに着工したものを対象とする「復興支援・住宅エコポイント」がありました。エコ住宅の新築で1棟当たり30万ポイント(復興支援型は被災地以外の場合15万ポイント)、エコリフォームで上限30万ポイントがもらえる制度でした。
木材利用ポイントも、条件こそ違うが、ほぼ同程度の特典のある制度となっています。

木材利用ポイントは商品等または即時交換に使えます

木材利用ポイントは下に示す2つの使い方ができます。即時交換制度は、取得したポイントのうち50%を上限として、一緒に行う別の木材を使う工事費用(木製の扉や手すりの据え付け工事、ウッドデッキの設置工事、木製の作り付けの家具工事等)に充当できるというもの。ポイント申請は住宅事業者様が受付窓口で行います。

木材利用ポイント交換商品

全国で使える商品券選りすぐりの地域の農林水産品、地域の木材を使用した家具のご案内

  • ポイントの商品交換からお届けの流れ
    1. 専用ハガキ又はインターネットで商品交換を申請
    2. 事務局に商品交換のデータ到着
    3. 各事業所に商品交換のデータ到着
    4. 商品のお届け
  • ポイント発行申請受付期間
    平成27年1月31日まで
    ポイントが残っている方は、再度、商品交換を申請できます。 ポイントの発行・交換申請後、ポイントが残っている方には、事務局より残ポイント数・利用ポイント数などが記載された残ポイント通知ハガキ(木材利用ポイント発行・交換状況のお知らせ)が届きます。
    ポイントの商品交換申請期限は木材利用ポイント事務局にお問い合わせ下さい。