補助金の利用でリフォームはここまでお得に

リフォームやリノベーションはとても費用がかかるものです。
そんなリフォームだからこそ、少しでもコストをさげたいものですね。
そこで活用したいのが、各自治体が提供している補助金。
うまく補助金が使えれば大幅なコストカットが見込めます。フジ・ホームではこの補助金の申請や工事にたくさんの実績をもっていますので、ぜひ一度ご相談ください。

京都市の補助金の対象となる条件について

京都市の補助金の対象となる条件について

とてもお得な補助金なのですが、申請すればすべてが無条件に認められるわけでもありません。
そこにはさまざまな条件や制約が存在します。主な条件は下記。

  • 昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅(長屋・共同住宅可)
  • 居住部分の面積が全体の半分以上であること
  • 住宅の所有者または居住者が耐震改修をする場合。

この条件にあてはまっている対象の住宅は京都市の補助金をうけることができます。
対象住宅かどぅかよくわからない場合はぜひご相談ください。

  • フジ・ホームは創業31年
  • リクシル京都販売台数3年連続ナンバーワン
  • クリナップ京都販売台数2年連続ナンバーワン

京都市の補助金の対象となる項目

本格的な耐震改修

工事内容 耐震診断・耐震改修設計 木造住宅の補助限度額 京町家等の補助限度額
現在の耐震基準に適合する工事 100万円 120~300万円
一定以上の耐震性能を確保する工事 50万円 60万円

簡易な耐震改修

工事内容 耐震診断・耐震改修設計 木造住宅の補助限度額 京町家等の補助限度額
壁の設置や屋根の軽量化により耐震性能が従前よりよりも向上する工事 30万円

防火改修と組み合わせて50万円

30万円

防火改修と組み合わせて60万円

屋根の軽量化(耐震診断なし) 20万円 20万円
屋根溝面等の水平溝面の強化 10万円 10万円
根継ぎ等による土台または柱等の劣化修繕 20万円 20万円
有筋の基礎の増設 15万円
耐震シェルターの設置 30万円 30万円
礎石等の基礎の補修 20万円
土壁の修繕 40万円
柱脚部への足固め根がらみの設置 10万円

防火改修

軒裏の防火改修工事 20万円

20万円

開口部び防火改修工事 1.5万円/m² 1.5万円/m²
長屋の界壁の防火改修工事 20万円 20万円
外壁の防火改修工事 20万円 20万円
感震ブレーカーの設置工事 5万円 5万円

お風呂のリフォームはフジ・ホームにお任せください!

京都・滋賀でリフォーム専門で施工をしておりますフジ・ホームです。

リフォームには各市町村ごとにさまざまな補助金制度が用意されています。
通常こういった補助金などは、よほどでない限り知ってらっしゃる方のほうが少ないのではないでしょうか。

フジ・ホームは平成28年度において、京都府における補助金を使用した耐震改修工事実績で1位を獲得するぐらい、積極的に皆様に補助金の申請をおすすめさせて頂いております。

補助金の仕組みがよくわからないお客様、ぜひ一度私たちにご相談くださいませ。
フジ・ホームでは、補助金で少しでも皆様の負担を軽減していただき、安心で安全な暮らしをしていただきたいと願っております。

取締役社長 藤山晋司

取締役社長 藤山晋司

京都市の省エネリフォーム

京都市はこのほか,住宅の省エネ化の推進を目的にリフォーム費用の一部を補助する
「既存住宅の省エネリフォーム支援事業」にも取り組んでいます。

対象者は京都市内の住宅(延べ面積の2分の1以上が住宅の用途に供する兼用住宅を含む。)の
所有者又は居住者(予定を含む。)となります。

補助額は最大で50万円

工事内容 補助金額
窓の断熱改修 ~18,000円/箇所(内窓・外窓交換)
~7,000円/枚(ガラス交換)
ドアの断熱改修 ~30,000円/箇所
外壁への断熱材の設置 ~200,000円/式
屋根への断熱材の設置 100,000円/式
天井への断熱材の設置 ~30,000円/式(※屋根と天井の併用は不可)
床への断熱材の設置 ~50,000円/式
高断熱浴槽の設置 ~20,000円/式(1住戸当たり20,000円)
内装断熱パネルの施工 ~50,000円/式(壁,床,天井の区分ごと)
遮熱工事 ~30,000円/式

京都市の空き家活用・流通支援等の補助金について

この補助金制度はこれまで利用していなかった空き家の活用や流通を促すためにもうけられたの制度です。
対象は下記を満たす建物となり、その補助金は最大で60万円(京町家等の場合は90万円)となります。

  1. 交付申請の日から遡って1年以上,居住者又は利用者がいないこと
  2. 一戸建て住宅又は長屋建て住宅(重層長屋を除く。)であること(住宅以外の用途を兼ねるものを含む。)
  3. 以前に「京都市空き家活用・流通支援等補助金」を受けていないこと
  4. 国又は地方公共団体から,同一の部位に対して補助を受けていないこと
  5. 国又は地方公共団体が所有する建築物でないこと
  6. 建築基準法その他の建築に関する法令に照らし,適当と認められる建築物であること
  7. 補助金の交付対象工事等を含め,補助対象建築物に係る工事等に未着手であること
  8. 未登記の建築物でないこと

公的介護保険によるリフォームの助成金について

介護保険に加入されており要介護認定を受けられた方の場合、最大で約18万円まで補助金が支給されます。
事故防止や自立支援といった住宅改修のためであれば対象となりますので、ぜひ一度ご相談ください。

住宅改修費支給対象工事

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消
  3. 滑り防止および移動の円滑化のための床材の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え・引き戸等の新設
  5. 洋風便器等への便器の取替え

等々

宇治市の補助金の対象と金額

事業名・制度名 対象 金額
木造住宅耐震改修等助成事業
(本格改修)
  • 昭和56年5月31日以前に着工したもの
  • 木造住宅で、延べ面積の1/2以上を住宅として使用しているもの
100万円(耐震改修に要した経費の4/5)
木造住宅耐震改修等助成事業
(簡易改修)
  • 昭和56年5月31日以前に着工したもの、又は大阪北部地震による罹災証明書の交付を受けたもの(一部損壊以上)
  • 木造住宅で、延べ面積の1/2以上を住宅として使用しているもの
最大40万円(耐震改修に要した経費の4/5)

リフォームの流れ

  • お住いの改修工事をお考えまたはご相談の場合、お気軽にお問い合わせください。
  • リフォームのプロがお客様宅を調査に伺います。お困りの内容をお伝えください。
  • お客様のご要望を聞き、詳細でわかりやすいお見積りをお持ちいたします。
  • お見積もりにご納得いただいたうえで、ご契約いただいております。わからない点などございましたら、何度でも説明させて頂きます。
  • ご近所へのご挨拶はじめ、問題が起こらないようにフジ・ホームのプロたちが責任をもって施工を行います。
  • 工事完了後お客様に施工箇所の説明をし、ご納得の上お引渡し致します。そのあと問題等ございましたら対処・対応致します。

ショールーム紹介

お急ぎの方・案内に沿って説明を受けたい方は電話にて

お問い合わせから60分以内でお返事致します。
オペレーターがわかりやすくご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。
ご相談、お見積りは無料で受け付けております。

受付時間
9:00~20:00
※土日祝日も営業しております

ページ下部の入力フォームからのお問い合わせは24時間受け付けております。
確認次第メールにて折り返させていただきます。

※このお問い合わせにより弊社のスタッフが突然ご訪問することはございません。

入力フォーム

お問合せ概要
必須ご希望の内容


どのようなバスルームをご検討中ですか?
バスルームのリフォームを検討しています。
システムバスに変更をしたいです。
予算は150万円程を予定。工事は1ヶ月後にお願いしたいです。
なお、以下の3点のうち、お決まりのものがあればご入力ください。
  • バスルームのメーカー
  • ご予算
  • 工事希望時期
ご連絡先
必須お名前

必須ふりがな

電話番号
075-502-2833
必須メールアドレス(半角英数)

必須確認のため、再度メールアドレスの入力をお願いいたします。
sample@fujihome21.com
ご入力いただいたメールアドレス宛にご案内メールを送らせていただく場合があります。
現在お住まいの住所
郵便番号
6078165(ハイフンは不要です)
都道府県~番地
京都府京都市山科区椥辻平田町186番地
建物・マンション名(ある場合のみ)
フジ・ホームマンション 101号室

個人情報保護方針について

個人情報保護方針については個人情報保護方針ページを御覧ください。