Reformリフォーム情報

bathroom浴室

洗面は家族みんなが、洗面やメイク、脱衣、選択など毎日さまざまな目的で使用する場所

それだけに、たくさんの小物が散らかりがちです。
限られたスペースを有効に活用するためには洗面化粧台選びが大切なポイントです。また、清潔で明るい空間を保つための工夫も取り入れれば快適な洗面スペースが実現します。

システムバスの基礎知識

現在のリフォームの主流である「システムバス」。パーツの種類やデザインも豊富になりました。
入浴スタイルに合わせてお気に入りの「システムバス」を選んでください。

  • 換気扇
    換気扇
    暖房乾燥機を備えた換気扇に注目。
    浴室を乾燥室に使えて、寒い時期には暖房機能で入浴が快適に。
  • 照明
    照明
    「壁付きタイプ」か「天井付きタイプ」が主流で1~2灯を取り付けるのが一般的。最近はデザイン性も向上。
  • 天井
    天井
    天井は「フラット」「ステップ」「ドーム」など種類が豊富。特に開放感のあるドーム天井が人気です。
  • ミラー・収納
    ミラー・収納
    縦長だけでなく、ワイドミラーもおすすめ。ミラーパネル一体型など効率の良い収納と組み合わせると便利です。
  • 壁
    断熱性、清掃性が高い製品が人気です。
    木目調、石目調など柄、色彩ともに種類が豊富。アクセントを付けるために壁1面だけを違う色にできるメーカーも。
  • 水栓
    水栓
    浴室・シャワーが一体のタイプと、別々のタイプの2種類があり、最近では特にシャワー水栓のアイテム数が充実。
  • 浴室
    浴室
    現在は人工大理石やFRPが主流。
    特に人工大理石は肌触りがよく、デザインの種類も豊富なので好評です。
  • カウンタ―
    カウンター
    小物を置くのに便利なカウンター。洗面器置きがついたものは、楽な姿勢で洗えるのでお年寄りにもおすすめ。
  • 床
    床材は技術の新保で「水はけ」「乾きやすさ」「清掃性」が向上しました。オーダーすれば床暖房が出来る商品も。
  • 出入り口
    出入り口
    折れ戸、ドア、引き戸などあります。やはり浴室との段差がなく安全で、空間を有効利用できる引き戸がおすすめ。
  • その他
    その他
    必要に応じて、手摺を付けるなど安全性への配慮を忘れずに。

システムバスのサイズ

システムバスのサイズは床面積であらわします。小楯住宅用の製品は、下記の3通りが一般的です。

  • 1216サイズ(0.75坪タイプ)浴室内寸法が1200x1600mmタイプ
    1216サイズ(0.75坪サイズ)浴室の内寸が1200x1600mmのタイプ。
  • 1616サイズ(1坪タイプ)浴室内寸法が1600x1600mmタイプ
    1616サイズ(1坪サイズ)躯体との間の寸法までいれて、1坪(1820mm)に収まるサイズ。
  • 1620サイズ(1.25坪タイプ)浴室内寸法が1600x2000mmタイプ
     />
    1620サイズ(1.25坪サイズ)、1坪タイプと比べると40cmほど洗い場が広めのゆったりサイズ。