地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

壁紙リフォーム でお部屋の印象を劇的に良くする方法

投稿日時
カテゴリー

壁紙リフォーム でお部屋の印象を大きく変えるには

こんにちは。
フジ・ホーム システム部です。

お部屋の印象を大きく変える要素はいろいろとあります。
大きな枠で言えば、洋室、和室。材質で言えば畳、フローリング。
フローリングはナチュラルな色合いか、ダークな色合いかでも
印象は変わります。さらには、配置する家具によっても変わります。
 
 

壁紙リフォーム 1~白い無地

壁紙リフォーム お部屋の印象を左右する壁紙
壁面は張る壁紙によって、色々な表情を見せてくれるでしょう。
白い無地の壁紙は王道ですね。フローリングでも畳でも
調和してくれるある種の万能性があります。
 
 

壁紙リフォーム 2~暗めの配色

壁紙リフォーム お部屋の印象を左右する壁紙
こちらの場合は、部分的に暗い色のクロスを貼る事で
メリハリを効かせ、引き締まったようなシックな印象を与えてくれます。
 
 

壁紙リフォーム 3~違う色の組み合わせ

壁紙リフォーム お部屋の印象を左右する壁紙
こちらはトイレの壁紙ですが、左右の壁紙と奥の面の壁紙を変えています。
リビングに限らずトイレでも壁紙一つで大きく印象を変えることが出来ます。
また、照明の光の色が黄色なのか白色なのかでも変わります。

 
 
 
 
壁紙は色、組み合わせ、部分的にアクセントをつけたりと様々な組み合わせがあります。
お部屋の壁紙をただキレイに。では無く、お部屋の用途に相応しい壁紙選びを楽しんで頂ければと思います。

 
 
 
 
 
 
壁紙リフォーム については、京都・滋賀ならフジ・ホームへご相談下さい。

ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

【 お風呂の介護リフォーム 】介護のためにお風呂のリフォームを考える

投稿日時
カテゴリー

お風呂の介護リフォーム について考えてみる

こんにちは。
フジ・ホーム システム部です。

両親が、気がつけば70歳を超えており
漠然と”親”だと思っていた人たちが世間一般で見れば
お年寄りとして扱われる年齢になったんだと思い、
複雑な気持ちです。

話は変わりますが、介護リフォームという言葉がございます。
言葉のまま見ると、介護を行うためのリフォームと思いがちですが、
調べてみると「将来を見据えて住みやすい家にする」というリフォームも
介護リフォームに含まれるようです。

お風呂の介護リフォーム

 

・手すりをつける

浴室で言えば、2箇所についた手すりですね。これがあるだけでもだいぶ違います。
まず、浴槽を握って立ち上がる場合、やはり握力が入りにくい問題に加え、
滑りやすいので転倒の危険があります。
手すりは、握るために設計されている点、浴槽よりはるかに安全性が高いです。
しかし、手すりはしっかりとした下地と柱が必要ですのです。この下地と柱が無ければ
いざ体重を掛けた瞬間に手すりが壁ごとはがれてしまう可能性もございます。
手すりだけ後付けとなると、壁の中の柱の位置により思い通りの場所に手すりを
取りつけられなくなる事もございます。
手すりは浴室の工事を行う場合は予め担当者に要件として伝えて、しっかりと
位置を決めてから発注する方が間違いないでしょう。

 

・床の材質を変える

また、最近のシステムバスの床は乾きやすく、またタイルに比べて滑りにくい。
さらに、材質もタイルほど硬くないためタイル貼りの床に比べ総じて安全性が高いでしょう。
特に浴室は、浴槽から上がる際など急激な運動により、立ちくらみが発生しやすい場所でもあります。
「転倒しにくい」だけではなく、「転倒してしまった場合」という事も考えてクッション性の高い床材を
選ばれると良いでしょう。

 

・バリアフリーにする

さらに、写真では分かりませんが、浴室から洗面室までの段差をなくすことで
バリアフリーになり転倒の危険性を減らすことが出来ます。
また、高さという点では浴槽の深さや、浴槽から床までの高さも気にされると良いでしょう。

 
 

介護リフォーム は身体が元気なうちにしましょう。

こうしたリフォームは、身体が元気なうちにある程度用意しておいたほうがよいでしょう。
と、言いますのも浴室のリフォームですと、既存の浴室の解体作業や廃材撤去の作業など、
大きな音を立ててしまう作業や、時間を要する工程があり、
その間には必ず不自由を強いてしまうことになるからです。

お体が元気なうちは気にならなかったことが、いざ衰えを感じると気づいてしまう点も、
耐えられなくなる点も出てきます。

「古くなったから新しくしなければ」というリフォームもありますが、
介護リフォームの場合は「目的」をしっかりと持ち、目的を達成するための
多くの方法がございます。お風呂ならば手すりのようなアタッチメントや
床材のような材質、そして浴槽の高さといったシステムバスそのものの性能など
見るべき点は数多く存在するでしょう。
ご自身だけで調べるには限界もあるでしょうし、まずはご相談からはじめ、
“知っている人”からの知識を得る事も大切でしょう。
良い介護リフォームとなるよう、様々な手を使い、そして検討してください。

 
 
 
 
 
 
介護のためのお風呂のリフォームなら、京都・滋賀ならばフジ・ホームにご連絡下さい

ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

【京都府第1位】LIXIL秋のリフォームコンテスト2017 表彰式に出席しました

投稿日時
カテゴリー

こんばんは。

この度、LIXILの行う秋のリフォームコンテスト2017におきまして
フジ・ホームが京都府で第一位となりました。

2016年に続き、2017年の受賞となり大変名誉なことです。



この1位という順位も、フジ・ホームのことを信じてくださり、リフォームを任せてくださったお客様方に支えられての結果です。
ありがとうございます。



フジ・ホームからは社長の藤山が出席。
多くのリフォームを手がけてきた歴戦のリフォームプランナーでもあります。
これからも多くのリフォームに携わり、お客様の満足を追求してまいります。


フジ・ホームは京都府一位の名に恥じぬよう誠心誠意、お客様の幸のためリフォームを続けていきます。
よろしくお願いいたします。

屋根診断 はプロの屋根診断士に相談してみませんか?

投稿日時
カテゴリー

屋根診断 のプロ『屋根診断士』にお任せしてみませんか?

こんにちは。フジ・ホーム システム部です。

リフォームの中でも、比較的軽視されやすいのが屋根です。
理由は、地上からは見ることが出来ないためです。
はしごを掛ければ上れますが、実際やるとなると非常に危険です。

 

実際に屋根を葺き替えられたお客様の中には
古い瓦を降ろすと下地がボロボロになっていることもあります。
屋根診断 のプロ『屋根診断士』にお任せしてみませんか?

屋根は、今まで大丈夫だったから、これからも大丈夫であるということではありません。
いつかは経年劣化します。
壁やその他水廻り機器と同じように、屋根も古くなると駄目になってしまいます。

 

そのため、屋根診断士による定期的なメンテナンスを推奨いたします。
フジ・ホームでは無料で屋根診断をしています。
気がねなくお問い合わせください。

 

 

 

無料屋根診断の事なら、京都・滋賀ならフジ・ホームまでご相談下さい

ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

屋根のリフォーム による外観の変化【耐震対策】

投稿日時
カテゴリー

屋根のリフォーム で家を強化しませんか?

こんばんは。フジ・ホーム システム部です。

屋根は重量が重いと、お家への負担を大きくし、
また耐震性の悪化を招きます。
そのため、屋根をリフォームするならば
軽量にしたほうが断然メリットが大きいです。

しかし、お家の形態によっては、
日本瓦が最も映えるということもございます。

そんな時に選択肢に入れていただきたいのが、
かわらSとかわらSⅡです。

 

屋根のリフォーム ~かわらS

屋根のリフォーム による外観の変化 かわらS

 

屋根のリフォーム ~かわらSⅡ

屋根のリフォーム による外観の変化 かわらSⅡ

どちらもガルバリウム鋼板を使用しており非常に軽量、耐久力も高いです。
さらに、日本かわらを意識した曲線に、ストーンチップを使用することで
独特の質感と、雪止め効果を持っている高性能な屋根材です。

 

屋根の葺き替えを考えていたけれども、
いまいち踏ん切りがつかなかったという方。
是非、かわらSとかわらSⅡをお考えになってはいかがでしょうか?

 

 

 

屋根のリフォーム については、京都・滋賀なら屋根のプロ屋根診断士が日本一在籍しているフジ・ホームへご連絡下さい。

ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで