地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

ヒートショック の対策のために浴室でできる4つの方法

投稿日時
カテゴリー

ヒートショック 対策は浴室を管理するところから

ヒートショック 対策は浴室の中から

こんにちは。
フジ・ホームシステム部です。

ヒートショックという言葉を最近良く聞くようになっています。
ヒートショックとは、温度の急変で体がダメージを受けることで、脈拍や血圧が上昇し、
心筋梗塞や脳卒中を引き起こす要因になりうると言われている(goo辞書より)。
という事ですので、ご自宅のお風呂の脱衣所と浴室の温度差をできるだけ少なくする必要があります。

 

ヒートショック 対策1~蓋をせずにお湯をはる

浴室を温める方法として、蓋をせずに浴槽にお湯をはるという方法は効果があるように思われますが、
給湯してすぐにお風呂に入らない場合、蓋をしていないのでお湯が冷めやすく、ガス代なども余計にかかってしまう事にもなってしまいます。

その他の対策としまして、少しだけ蓋をずらした隙間からの湯気で浴室を暖める方法が良いようです。
 

ヒートショック 対策2~浴室暖房を入れる

ヒートショック 対策を。
浴室暖房機能を使い入浴少し前に、浴室暖房を入れる方法が最良のように思います。
お湯も使うことがなく、裸になることもありません。
浴室の外からボタン一つで、あらかじめ浴室を温めることができます。

 

ヒートショック 対策3~シャワーで浴室を温める

私の場合は、シャワーヘッドから熱めのシャワーを出し、蒸気で浴室内を暖めるという方法を毎日行っております。
毎日お風呂を入れていないという人も多いと思います。

その時に最初に入る浴室は冷たくてためらってしまいます。
この寒さで時間がないときに、シャワーを使わずにそのまま出かけてしまうことになります。
シャワー一つでも、浴室を温めてヒートショック対策になります。
 

ヒートショック 対策4~浴室で体を拭く

そしてお風呂終わりに体を拭く時も、はじめは浴室の中で体を拭きはじめます。
この時、浴室の扉を開けたままにし、暖かい空気を脱衣場に送り、ある程度脱衣所を暖めてから移動します。
これだけでも、かなり暖かく感じます。

ちょっとした事で防げる事もあると思います。
まだまだ寒い日が来るかと思います。急な気温変化にもお気をつけください。

 
 
 
浴室暖房や水まわりのリフォームをお考えの方は、
是非、一度フジ・ホームのショールームへお越しください!!
ショールームの詳しい情報は、こちらから。

そして、浴室のリフォームについては、京都市・滋賀ならフジホームまでご相談下さい。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

【 トイレの介護リフォーム 】介護のためにトイレのリフォームを考える

投稿日時
カテゴリー

トイレの介護リフォーム について考えてみる

こんにちは。
フジ・ホーム システム部です。

介護リフォームについて、以前はお風呂の介護リフォームについて色々と書かせて頂きました。
介護リフォームとは、介護を行うために行うリフォームも、介護を前提に前もってリフォームすることも含まれます。

トイレというのは元々、それほど大きなスペースをとっていません。
1人の使用が大前提となっています。故に、リラックスできるスペースとも言われています。

 トイレの介護リフォーム について
こちらのお家では、トイレという空間そのものをリフォームするような大きな変更は行わず、トイレ本体の入替えに加え、手すりの設置。そして見えにくいですが、扉をスライドドアに変更しております。

 

・手すりをリフォーム

何はともあれ、まずは手すりです。
実際にトイレの介護リフォームを行ったお客様に話を伺うと、この手すりの位置がほんの少しずれると、それだけで身体への力の入り方が全く違ってしまうそうです。
トイレ本体の工事も併せて行うなら、トイレの取替え工事が完了後、実際に座って高さや位置の確認に加え。入り口から入り便座に座るまで、便座から立ち上がり出口から出るまで。この一連の流れがきちんと行えるかを確認し、適切な位置にご自身の体重を支える物があるのか確認する。そのぐらい慎重なほうがよろしいでしょう。

仮に一度取り付け、確認して、違和感を覚えた際はすぐに現場の職人や担当のスタッフに声を掛けたほう良いです。
気を使って言い出さず、後になって言うと、既に戻れないところまで工事が進んでしまっている場合もございます。
その為、調整の利くうちに声を掛けて要望を伝えたほうが良いでしょう。

 

・扉をリフォーム

次に扉です。
スライドドアは比較的、力を必要としないので開閉がしやすいのが特徴です。
また、車椅子の場合はスペースの問題もあり、ほぼスライドドア一択となってくるのではないでしょうか?
開くタイプの扉の場合、扉の前に物を置かれてしまうと、中の人が自力で開けることができずに閉じ込められてしまう場合もありますので、力に衰えを感じるのであれば、スライドのほうをお勧めします。

 

・床をリフォーム

床に関しては、クッションフロアに変更することで滑りにくく、また転倒時の衝撃もやわらげてくれます。

足の不自由になった家族は、それまでの自分の生活を維持しようと体に無理をして動こうとします。
ですが思った以上に動くこともできず、転倒をしてしまうということも多くあります。

そんな時に、今まで通りの堅い床のままだと、骨を折ってしまったり重大な事故につながります。
そのような事態を防ぐには、床をクッションフロアにすることで滑りにくく転倒時の衝撃を和らげる対策が必要となります。

 
 
 
 
介護リフォームについては、お風呂同様、トイレにも色々とやり方や制限もございます。
どのレベル(手すりだけでよいか、杖を使うのか、車椅子を使うのか)で必要があるのかにより、手すりの設置だけで良いのか、車椅子のスペースが必要なため増築、もしくは間取りを変更する工事を行うのか。と、工事規模が大きく変わります。
担当となるスタッフと良く相談してください。きっち、最良の方法を教えてくれることでしょう。

トイレの介護リフォームは、京都市・滋賀ならフジホームまでご相談下さい。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

壁紙リフォーム でお部屋の印象を劇的に良くする方法

投稿日時
カテゴリー

壁紙リフォーム でお部屋の印象を大きく変えるには

こんにちは。
フジ・ホーム システム部です。

お部屋の印象を大きく変える要素はいろいろとあります。
大きな枠で言えば、洋室、和室。材質で言えば畳、フローリング。
フローリングはナチュラルな色合いか、ダークな色合いかでも
印象は変わります。さらには、配置する家具によっても変わります。
 
 

壁紙リフォーム 1~白い無地

壁紙リフォーム お部屋の印象を左右する壁紙
壁面は張る壁紙によって、色々な表情を見せてくれるでしょう。
白い無地の壁紙は王道ですね。フローリングでも畳でも
調和してくれるある種の万能性があります。
 
 

壁紙リフォーム 2~暗めの配色

壁紙リフォーム お部屋の印象を左右する壁紙
こちらの場合は、部分的に暗い色のクロスを貼る事で
メリハリを効かせ、引き締まったようなシックな印象を与えてくれます。
 
 

壁紙リフォーム 3~違う色の組み合わせ

壁紙リフォーム お部屋の印象を左右する壁紙
こちらはトイレの壁紙ですが、左右の壁紙と奥の面の壁紙を変えています。
リビングに限らずトイレでも壁紙一つで大きく印象を変えることが出来ます。
また、照明の光の色が黄色なのか白色なのかでも変わります。

 
 
 
 
壁紙は色、組み合わせ、部分的にアクセントをつけたりと様々な組み合わせがあります。
お部屋の壁紙をただキレイに。では無く、お部屋の用途に相応しい壁紙選びを楽しんで頂ければと思います。

 
 
 
 
 
 
壁紙リフォーム については、京都・滋賀ならフジ・ホームへご相談下さい。

ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

【 お風呂の介護リフォーム 】介護のためにお風呂のリフォームを考える

投稿日時
カテゴリー

お風呂の介護リフォーム について考えてみる

こんにちは。
フジ・ホーム システム部です。

両親が、気がつけば70歳を超えており
漠然と”親”だと思っていた人たちが世間一般で見れば
お年寄りとして扱われる年齢になったんだと思い、
複雑な気持ちです。

話は変わりますが、介護リフォームという言葉がございます。
言葉のまま見ると、介護を行うためのリフォームと思いがちですが、
調べてみると「将来を見据えて住みやすい家にする」というリフォームも
介護リフォームに含まれるようです。

お風呂の介護リフォーム

 

・手すりをつける

浴室で言えば、2箇所についた手すりですね。これがあるだけでもだいぶ違います。
まず、浴槽を握って立ち上がる場合、やはり握力が入りにくい問題に加え、
滑りやすいので転倒の危険があります。
手すりは、握るために設計されている点、浴槽よりはるかに安全性が高いです。
しかし、手すりはしっかりとした下地と柱が必要ですのです。この下地と柱が無ければ
いざ体重を掛けた瞬間に手すりが壁ごとはがれてしまう可能性もございます。
手すりだけ後付けとなると、壁の中の柱の位置により思い通りの場所に手すりを
取りつけられなくなる事もございます。
手すりは浴室の工事を行う場合は予め担当者に要件として伝えて、しっかりと
位置を決めてから発注する方が間違いないでしょう。

 

・床の材質を変える

また、最近のシステムバスの床は乾きやすく、またタイルに比べて滑りにくい。
さらに、材質もタイルほど硬くないためタイル貼りの床に比べ総じて安全性が高いでしょう。
特に浴室は、浴槽から上がる際など急激な運動により、立ちくらみが発生しやすい場所でもあります。
「転倒しにくい」だけではなく、「転倒してしまった場合」という事も考えてクッション性の高い床材を
選ばれると良いでしょう。

 

・バリアフリーにする

さらに、写真では分かりませんが、浴室から洗面室までの段差をなくすことで
バリアフリーになり転倒の危険性を減らすことが出来ます。
また、高さという点では浴槽の深さや、浴槽から床までの高さも気にされると良いでしょう。

 
 

介護リフォーム は身体が元気なうちにしましょう。

こうしたリフォームは、身体が元気なうちにある程度用意しておいたほうがよいでしょう。
と、言いますのも浴室のリフォームですと、既存の浴室の解体作業や廃材撤去の作業など、
大きな音を立ててしまう作業や、時間を要する工程があり、
その間には必ず不自由を強いてしまうことになるからです。

お体が元気なうちは気にならなかったことが、いざ衰えを感じると気づいてしまう点も、
耐えられなくなる点も出てきます。

「古くなったから新しくしなければ」というリフォームもありますが、
介護リフォームの場合は「目的」をしっかりと持ち、目的を達成するための
多くの方法がございます。お風呂ならば手すりのようなアタッチメントや
床材のような材質、そして浴槽の高さといったシステムバスそのものの性能など
見るべき点は数多く存在するでしょう。
ご自身だけで調べるには限界もあるでしょうし、まずはご相談からはじめ、
“知っている人”からの知識を得る事も大切でしょう。
良い介護リフォームとなるよう、様々な手を使い、そして検討してください。

 
 
 
 
 
 
介護のためのお風呂のリフォームなら、京都・滋賀ならばフジ・ホームにご連絡下さい

ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

【京都府第1位】LIXIL秋のリフォームコンテスト2017 表彰式に出席しました

投稿日時
カテゴリー

こんばんは。

この度、LIXILの行う秋のリフォームコンテスト2017におきまして
フジ・ホームが京都府で第一位となりました。

2016年に続き、2017年の受賞となり大変名誉なことです。



この1位という順位も、フジ・ホームのことを信じてくださり、リフォームを任せてくださったお客様方に支えられての結果です。
ありがとうございます。



フジ・ホームからは社長の藤山が出席。
多くのリフォームを手がけてきた歴戦のリフォームプランナーでもあります。
これからも多くのリフォームに携わり、お客様の満足を追求してまいります。


フジ・ホームは京都府一位の名に恥じぬよう誠心誠意、お客様の幸のためリフォームを続けていきます。
よろしくお願いいたします。