地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】

投稿日時
カテゴリー
,

右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】

こんにちは。
工務部です。
いよいよ12月に入り、弊社ではラストスパートの時期になり忙しくしています。
さて、今回は右京区M様邸、新築工事を紹介します。
右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】
11月20日(土)
解体工事が始まりました。丸太足場で養生をしています。
約30坪の土地に総2階のお家です。
右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】
11月24日(水)
21日、23日と休みが続きましたが、解体再開です。
2階の屋根が無くなりました。
右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】
11月26日(金)
解体工事も機械をいれて、キューピッチで遅れ分を取り戻しています。
間口が狭いので、機械を旋回するのに一苦労です。
右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】
11月30日(火)
解体工事完了です。
無事に終わって一安心です。
これから、地盤調査をして基礎工事に入っていきます。
ご近所の皆様の協力があり、スムーズに解体工事が出来ました。

右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】
12月7日(火)
やり方として、家の通り芯を出していきます。
敷地の間口は狭いですが、作業が出来るスペースを残しています。
右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】
12月9日(木)
地盤調査の結果、GLより1.3m下まで、
地盤が弱い事が解り、地盤改良をしました。
右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】
12月15日(木)
地盤と基礎の間に、防水シートを貼り水分をシャットアウトします。
防水シートの上から、鉄筋を組みコンクリートを流します。
右京区M様邸新築工事 の施工状況紹介【施工事例】
12月18日(土)
鉄筋が組みあがりました。
型枠も組みあがり、鉄筋の検査をして
基礎のコンクリートをしていきます。

M様邸玄関リフォーム工事 が完成しました【施工事例】

投稿日時
カテゴリー
,

M様邸玄関リフォーム工事 が完成しました【施工事例】

こんにちは、工事部です。
11月25日は、お客様から
「大変満足です、想像以上の出来上がりです。」と言う言葉をいただきました。
工事前にパースを作成し、イメージを解りやすくさせていただきました。
なかなか色合いが、パースでは納得いくものが出せなく苦労しましたが、
実際にサンプルに何色か塗装をして見てもらい、見て一緒に決めました。
リフォームと言う事もあって、工事しない箇所とのバランスや色合い、
そして工事個所だけが浮かないように、馴染むように仕上げるのに苦労しました。

 
 
工事する前の写真がこちらです。
M様邸玄関リフォーム工事 が完成しました【施工事例】
M様邸玄関リフォーム工事 が完成しました【施工事例】

 
 
工事後の写真がこちらです。
M様邸玄関リフォーム工事 が完成しました【施工事例】
M様邸玄関リフォーム工事 が完成しました【施工事例】
完成した時にお客様から、本当にありがたい言葉を頂き、嬉しさが込み上げてきました。
お客様が喜んでいただけるように、毎日頑張ります。
————————————————————————–
創業24年 おかげさまでフジ・ホームは京都・滋賀でリフォーム実績1万1千件突破!
第5回 歳末リフォーム大感謝祭 開催!
フジホーム本社特別会場にて
日時:2010年12月11日(土)・12日(日) am10:00〜pm5:00
さらに!ホームページからお申込み頂くと、
特典として、粗品をプレゼント

お申し込みは、こちらをクリックして下さい。
ふるってご参加ください♪
開催まで後13日!!
————————————————————————–

A様邸新築工事 施工ご紹介【施工事例】

投稿日時
カテゴリー
,

A様邸新築工事 施工ご紹介【施工事例】

皆さん、こんにちは。工務部です。
私は会社で2番目に年を取っていますが、
毎日若い人に囲まれ、年を忘れて頑張っています。
主に、図面作成、積算、来店の対応をしていますが、
もちろん、契約業務、現場管理もします。
現在、新築工事に携わっています。
毎日が、一瞬の間に過ぎていきますが、お客様を忘れた事はありません。
そこで少しですが、A様邸の施工をお見せします。
↓上棟式です。
A様邸新築工事 施工ご紹介【施工事例】
↓中の構造は、このようになっています。
A様邸新築工事 施工ご紹介【施工事例】
↓だいぶ出来てきました。
A様邸新築工事 施工ご紹介【施工事例】
↓どんどん進んでいますね。完成も間近です。
A様邸新築工事 施工ご紹介【施工事例】
またホームページ上に載せるので、ご覧下さい。
フジ・ホームは、お客様の身になって、提案・施工を行います。
お問合せの際は、24年の経験を持つフジ・ホームに是非ご連絡ください。
宜しくお願いします。

屋根のリフォームはいつから 行えばいいか

投稿日時
カテゴリー

屋根のリフォームはいつから 行えばいいか

こんにちは。
フジ・ホームです。

本日は、ちょっとした豆知識をご紹介
・屋根のリフォームをいつすればいいのか
・屋根の汚れが目立ってきたけど・・・大丈夫? など不安に思うことありますよね。
地震の多い日本、油断は禁物です。

 

 

【屋根の種類】

屋根材の種類は様々
大きく分類すると瓦系屋根材、スレート系屋根材、金属系屋根材とに分かれます。
瓦系屋根材
瓦(和瓦、洋瓦)、セメント瓦、モニエル瓦

スレート系屋根材
カラーベスト、コロニアル
金属系屋根材
トタン屋根材(亜鉛をメッキした鋼板)、ガルバリウム鋼板屋根材

 

 

【リフォーム時期】

屋根を長持ちさせる秘訣は・・・屋根材に合った定期的な点検やメンテナンスが必要です。
フジ・ホームでは、屋根の無料診断やご契約頂いたお客様にはアフターメンテナンスを行っております。
少しでも気になったらご相談ください。
瓦系屋根材
・瓦:メンテナンス(漆喰、締直し等)を定期的にしていれば何十年も持ちますが、その分維持費がかかります。
・セメント瓦/モニエル瓦:長期間使用していると塗料が劣化するため、15年〜20年に1度、塗装が必要です。
スレート系屋根材
・7年〜10年に1度、防水塗装が必要です。
使用から20年以上経つと野地板も傷んでくるため、葺き替えが必要となります。
金属系屋根材
・石粒付ガルバリウム金属屋根/ガルバリウム金属屋根:
海岸近くで常に潮風にさらされているなど外的要因さえなければメンテナンスフリーです。
・トタン金属屋根:7年〜10年で塗り替えもしくは葺き替えが必要です。

 

 

【ルーフィングとは?】【野地板とは?】

垂木の上に張る屋根の下地板のことをいいます。
この野地板に上記のルーフィングを敷き、さらに屋根材を葺いて葺き替えを行います。

 

 

【チョーキングとは?】

太陽からの紫外線や風雨に長期間さらされた影響により、屋根・外壁部分の塗膜が劣化し粉のような状態になったことを指します。
と言うように、屋根のリフォームと言っても沢山種類があるんですね。
屋根は紫外線や風雨から家を守る大切な部分です。
適切なメンテナンスは家を長持ちさせます♪
ですが、放っておくと屋根材や家の腐食、老化が進み、思わぬ失費を伴う事も・・・><

 

 

『屋根』を通じて、少しでも多くの方々へ暮らしに安心と幸せをお届けできればと思います。

屋根のリフォームは、京都市・滋賀ならフジホームまでご相談下さい。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで