地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

フローリングリフォーム をする時に役に立つ床材の特徴

投稿日時
カテゴリー

フローリングリフォーム する時に考えること

住まいをリフォームする時に考える事5
フローリングリフォーム をする時に、どの様な事を考えていらっしゃいますか?

・どんな種類の板を使おうか
・どの部屋をフローリングにしようか
・フローリングはどのくらいもつのか

ということではないでしょうか。

フローリングの部屋に変えるということは、今までの生活スタイルを変えるということになります。
畳の部屋をフローリングに変えたり、硬いフローリングをクッション性の高い柔らかいものに変えたり、より快適性を上げるために防音性の高いフローリングに変えたりと、目的も様々です。

そのフローリングのリフォームの為に、『どういう床材がその目的に適しているか』を考える必要があるでしょう。

今回は、フローリングリフォーム為の床材を考えて頂き、これからのリフォームのお役に立てれればと思います。
 
 

フローリングリフォーム のための材料について

フローリングの床材は数多くあります。
その中で、何が一番いいと言うのは、ありません。

床材の特徴を知った上で、自分の生活もしくはこれから送るだろう将来の生活を描きながら選ぶのが良いでしょう。
今回は、フローリングリフォームの為の床材の種類をご紹介します。

ただ、素材の種類ではなく、床材のタイプを書いています。
タイプ別に特徴があり、それ合わせた生活を送ったり目指したりする事ができます。

 

無垢フローリング

住まいをリフォームする時に考える事8
無垢フローリングは、一本の木から加工した床材で、つなぎ目が無いのが特徴です。

肌触りが柔らかく、自然の風合いを感じられることから、自然志向の方に好まれます。

さらに、湿度を調整する作用もあります。
自然に湿気を取り込みますので、お住まいの空気を快適にするお手伝いをしてくれます。

ただ、無垢のフリーリングは一般的に傷付きやすい特徴があります。
あと経年で収縮をしてしまう事があるため、ばらつきなど発生しやすくなります。

現在、その様な傷つきや収縮に対応する加工をした無垢フリーリングも登場しています。
素材をよく選んでご利用下さい。

無垢フローリングについては、こちらをご覧いただき、参考にして下さい。
無垢フローリング:WOODONE
 

合板フローリング

合板フローリングは、複合フローリングとも言われ、特徴の違う複数の合板を重ねて圧着したあとに天然木の薄板などを貼り付けたフローリング材です。
いろいろな板を組み合わせている事から、無垢フローリングよりも安価なものが多いです。

あといろいろな特徴の板を張り合わせていることから、傷やよごれ、そして経年の収縮などに強く家中のどの部屋にも使うことができます。

ただ、素材的に堅いものが多く、風合いが整いすぎているため、自然で柔らかい雰囲気は出にくいものになってます。

いろいろな特徴の板を合わせることから、遮音性や耐久性に優れ、マンションなどのフローリング材として使われたり、床暖房による温度差にも耐えられるため仕上材として使われることも多くあります。

例えば、家で大きな生活音を出しがちになる小学校高学年以上の子供をお持ちのご家庭など最適でしょう。
ますます大きくなる子供はその強くなる力に合わせて、普段の生活の音も大きくなっていきます。
騒音トラブルを防いで、お互いに快適な生活をおくるためにも合板フローリングは最適です。

 

パーティクルボード(チップボード)

住まいを フローリングリフォーム する時に考える事7
パーティクルボードは、木のチップなどを接着剤と混ぜて熱圧をかけて成形した床材です。
チップボードとも呼ばれています。

いろいろな硬さのパーティクルボードが作られているため、家具材等を初め家床材などの建築資材や家電機器の防音ボードとしても使われています。

パーティクルボードは建築資材としては、合板よりも堅いものが登場し、その活躍の幅を広げていっています。
頑丈な家造りに使える素材です。

チップから作るため、いろいろな特徴を兼ね備える事ができます。
へこみやイスのキャスター、ペットなどの擦り傷にも強く、表面の加工が堅いものも多く美しさが持続します。
補修の手間も省けるところなども、現在人気の一つになっています。

例えば、子どもが巣立ったあとの我が家を車椅子を使うようなバリアフリーに変えたり、家中快適な温度で過ごすための床暖房などの設置を行うときにも使えます。

パーティクルボードの可能性はまだまだ広がっています。

パーティクルボードにつきましては、こちらを御覧頂いて、ご活用下さい。
フィットフロアー:Panasonic
 

ウッドカーペット

住まいを フローリングリフォーム する時に考える事2
ウッドカーペットは、木をつなぎ合わせたカーペットで、手軽に部屋をフローリングに変えることができます。

天然木のカーペットの他、柔らかい素材のカーペットやコルクのカーペットなどもあります。
大きな工事を必要としないため、賃貸でお住まいの方のフローリングリフォームに活躍中です。

湿気やカビ等の問題もありましたが、技術の発達で抗菌作用や調湿の作用も加わり、より快適な生活空間を作ることが出来るようになりました。
大規模なリフォームは・・・という方に、ウッドカーペットはおすすめです。

 

クッションフロア

住まいを フローリングリフォーム する時に考える事6
クッションフロアは、クッション性の高い床材で、その柔らかさからかハサミなどで加工がしやすい素材です。

大きさを自分で決めて使うことが出来ることから、DIYでの需要が増えていってます。

生活する上での耐久性が充分兼ね備えているものが登場し、介護のリフォームや小さな子どものいる世代での活用が活発化しています。
そのほかに無い柔らかさが、よちよち歩きの赤子や、身体が不自由になったご老人のもしもの事故の時の怪我を防ぐのに役に立ってます。

 
 

フローリングにリフォームをして新たしい我が家に

このように、フローリングリフォームのための床材といっても種類が多岐にわたります。
今の生活やこれから送る生活に合わせて、ふさわしい床材を選ぶことで、生活の質を上げる事ができるようになります。

楽しい我が家をもっと楽しく過ごすために、フローリングリフォームの時に床材の事についてかんがえてみませんか?

住まいを フローリングリフォーム する時に考える事1

 
 
 
フローリングリフォームにつきましては、京都・滋賀なら、フジ・ホームへご相談ください。
24時間お待ちしております。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

【外国人が驚く】日本人なら知っておくべき最新 トイレ の性能

投稿日時
カテゴリー

【日本に来る海外旅行者が最初に驚く日本の トイレ 空間】

日本の トイレ のここがすごい1
日本に旅行に来る外国人の方が、まず最初に驚くものがあります。

それは、食事でも街並みでも『おもてなし』でもありません。

それは『日本のトイレ空間』です。
この話はよく耳にすると思います。

・便座が温かい
・洗うシャワーが出る
・”トイレ”の匂いがしない

などなど、現在のトイレ空間の話を聞き出すと、限りなく出てきます。

 
ですが、実際日本人はその『日本のトイレ』についてどのくらい知ってるのでしょうか。
意外と、『自分の家のトイレ以外、認識がない。むしろ家のトイレもそんなにも』という人が多いのではないでしょうか。

今回の記事では、『海外の人が驚く日本のトイレ空間』について書いていこうと思います。

トイレ(主に便器)は、キッチンや浴室と並ぶ『水回り3点セット』の代表的な一つです。
キッチンや浴室と同じように、快適にするための最新トイレの機能を確認してみましょう。

 

【日本人も詳しく知らない?最新型の トイレ のここがすごい】

日本の トイレ のここがすごい2
日本の便器の機能については、CMで大手メーカーが流しているものをよく知っていると思われます。
ですが、その機能も、今のトイレ全体の機能の一部でしかありません。

いまだイメージがあると思います。

『トイレの中は、においがきつくて、冷たくて、寒い所』

現在の便器は、トイレの空間までも変える機能が盛りだくさんです。
どんな機能があるか、見てみましょう。

 

・便器に汚れがつかないコーティングが、すごい!

『いやな家事』の中で、常にトップランクに位置されるのが『トイレ掃除(便器掃除)』です。

基本的に、トイレそのものがきれいな空間でないことと、2013年の小林製薬さんのアンケートで『しても気づかれない』ため、モチベーションが上がらない家事でもあります。

(参考:主婦が嫌いな家事&やっても夫に気付かれない家事 ともに第1位は トイレ 掃除

そこで、最新型の便器はその仕事を一つ減らす機能つけられました。
トイレ掃除用具で便器をゴシゴシこすらなくてもよく、メーカーによっては『100年間汚れが付かない』という耐久性も誇るものも出てきています。

最初から汚れが付かなければ、家事が一つ減ることにもなりますし、その快適さが続くことにもなります。
まさに『触りたくないものを最初からなくす』という画期的な機能です。

 

・水流が勝手に汚れを落としてくれる機能が、すごい!

いつまでもきれいなトイレ空間が続くという意味ではこちらも非常に優れた機能です。

『汚れが付かないといっても、やはり洗わないと不安』

ということも考えられるでしょう。
汚れが付かないコーティングの上に、『水流での洗浄性能が格段に高い』ということも加えると、もう、便器の中は掃除をしなくていいのでは?とさえ思ってしまいます。

実際、その洗浄性能の高さで、常にきれいなまま。

「コーティング+洗浄性能の高い水流」が現在の代表的な便器の形といえるでしょう。

 

・空気の壁や科学の力で除菌・脱臭をするトイレの最新機能が、すごい!

日本の トイレ のここがすごい3
トイレが嫌な理由に『トイレのにおい』も挙げられます。

日本のトイレ空間はそのにおいやにおいの原因となる菌にまで対策をしています。

例えば、便器内に空気の壁を作り、においが拡散しないようになっています。
結果、トイレの中の空間ににおいが立ち込めず、ほかの部屋に漏れることもありません。

さらに、便器に空気清浄機をつけているものもあります。
空気中にイオンを放出するとこで、便器内だけではなくトイレの空間そのものも清潔に保つことができます。

便器が汚いものを押し込める対象から、トイレ空間そのものをきれいにするものへと変貌を遂げています。
最新式の便器は家電と言っていいくらいの性能を示すようになっています。

 

・もはや節水や節電が当たり前なくらいに、すごい!

日本の技術発展は、『節約』なくして語ることはできません。

以下の少ないもので、今まで以上の性能を発揮するかがカギになってきました。

便器やトイレ空間も例外ではなく、節水や節電の機能を進化させ続けてきました。

どのくらい変わっているかといいますと、20世紀に造られた『従来品』よりも、節水効果が73%発揮されてます。
つまり、従来型の便器よりも、2/3以上少ない少ない水で便器を流すことができるようになったということです。

さらに電気で言いますと、発熱便座た温水シャワーなど電気を使うところが多くあります。
こちらも、20世紀に造られた従来品よりも75~6%省エネになりました。
つまり、2/3以上少ない電力で、温かい便座と温かい温水シャワーを得ることができています。

現在は、その節水・節電状態からさらに節約する機能が追加されています。
最新型の便器はますますエコロジーでエコノミーになっていってるのです。

 

・便器を使うための動作がどこまでも自動化されて、すごい!

最新型の便器は、手で触れなくても勝手に動く自動化が進んでいます。

例えば、人が入ると勝手に便器の蓋が開きます。
海外の方はこれに非常に驚かれると言われます。
『日本のトイレは生きているのか!?』
そう感想を残している事もあります。

用を済ませて立ち上がると自動的に便器洗浄されるものもあります。
レバーを引くこともありません。
リモコンのボタンを押すこともありません。
勝手に洗浄をしてくれるのです。

他に、温水シャワーのノズルを自動で洗浄をしたり、暗いトイレ空間の中で便器の中を照らす機能もあります。

人が手をかけないことで、腰への負担や掃除の負担の軽減になります。

最新型の自動化は、人の生活にもやさしい自動化なのです。

 

【 トイレ は『いつもいない場所だから』その必要な時間が快適になるようにしましょう】

トイレ空間という場所は、ダイニングや寝室と違い、何時間もいる場所ではありません。

実際に用をたすときにしか行きません。
ですが、みなさん必ず使用をします。

そんなトイレ空間が家の中で唯一不快なところのままで良いのでしょうか。

健康的な生活を続けていく上で、トイレの空間は重要です。
トイレの空間を清潔に保つことで、防げる病気もあります。

そんな大切なトイレ空間ですので、これを機会にもう一度見つめ直してみませんか?
一人で生活されている方も、ご家族で使われている方にも、トイレという空間は快適であるほうが良いのですから。

日本のトイレのここがすごい4

トイレのリフォームにつきましては、京都・滋賀なら、フジホームへご相談ください。
24時間お待ちしております。

ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業を活用しよう

投稿日時
カテゴリー

※この記事は、2018年4月14日に公開しました。

 

【『まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業』を活かして住まいを修繕しよう】

京都市では、平成30年4月9日 平成30年度の『まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業』の受付を開始しました。この補助金は、木造住宅の耐震化を加速的に進めるため,耐震化を支援する様々な事業のうちの一つです。
 
この補助金は、京都に多い伝統構法建築の修繕や耐震化工事などに重点を置いた補助金です。
例えば、土壁の新設や修繕、町家等の屋根の軽量耐震対策、防災シェルターの設置等に補助金が出ます。

これによって、工事をしやすい環境をつくり、少しでも安全な京都の街にしようという、そういう補助金です。

 

【『まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業』申請の注意点】

この補助金では注意が必要です。

まず、補助の対象要件をすべて満たさないといけません。
条件というのは以下の4つです。
(1)建物の所有者又は居住者であること(所有又は居住予定者を含む)
(2)京都市内の昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅又は京町家等(一戸建て,長屋又は共同住宅)
(3)店舗等を兼ねる住宅の場合,居住部分の床面積が延べ面積の2分の1以上のもの
(4)現に居住の用に供している住宅又は補助事業の完了後速やかに居住の用に供する住宅
基本的に、『その家で、人が住んでいる』事が条件となります。
京都市在住でしたら、ご自身の住まいがどの様な住まいか、これを機会に再度確認して見るのもいいかと思います。

つまり、補助金は家の修繕とあるのと同時に、人が暮らしやすい環境を作るためのまちづくりと言うことが言えます。
その条件を満たしているならば、事前に交付申請を行い、対象となることが出来ます。
 
その他の内容につきましては、京都市のホームページからご確認をしてください。
その他詳細な手順など、分かりやすく記載されています。

【30年度】まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業

 

【お住まいの自治体にリフォーム補助金があるか相談してみましょう】

なお他に、京都市では、
木造住宅及び京町家等耐震改修助成事業
分譲マンションへの耐震化補助制度
特定既存耐震不適格建築物への耐震化補助制度
などがあります。
 
今住んでいらっしゃるお住まいが、昭和56年5月31日以前に建てられた場合は、一度お近くの役所等にご相談下さい。
きっと、これからの生活の安全に役に立つことでしょう。

耐震リフォームについてのご相談は、京都・滋賀ならフジホームまでご相談下さい。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

【取替だけで】新しい シャワーヘッド に変えるだけでもいい理由【エコになる】

投稿日時
カテゴリー

シャワーヘッド はここまで進化してる

シャワーヘッド2
『シャワーなんて、ただ、水が出るだけでしょ?』

 

そう思ってませんでしょうか?
 
毎日シャワーをするけれど、あくまでも大量のお湯を浴びるだけのもので、石鹸やシャンプー・リンスを洗い流せればいいとだけ考えてませんでしたでしょうか?
ほとんどの方がそう考えているでしょう。
私もそう考えていました。
 
ですが、シャワー一つとっても、お湯をただ流すだけ以外の効果が沢山生まれている事を目の当たりにました。
シャワーヘッドを変えるだけでいろいろな効果が得られる時代が来ていたのでした。
 
今回は、そんなすごいシャワーの効果をご紹介したいと思います。
バスルーム全体をリフォームするにはまだ抵抗がある方でも、シャワーヘッド一つでしたら、気軽に変えられるかも知れません。
それで、今までよりも快適なバスタイムを送れればと思います。
 
 

最新のシャワーのすごいポイント

最新のシャワーには、最新の技術が詰まってます。
その「最新の技術」というのは、お湯にいろいろな働きかけをすることで得られる技術でした。
 
シャワーを通して、お湯が『進化』をしているのです。
 
そんなお湯の進化をご紹介していきたいと思います。
 
 

・節水仕様で水道代にやさしい

お財布に優しい
最新のシャワーは、多くが節水仕様です。
お湯を隙間なく流しっぱなしにするのではなく、空気を含ませたり、シャワーの穴を細くしたりするなどの工夫により、時間当たりの水の出る量を調整しています。
 
ですが、洗い流しが不十分になるようではいけません。
充分な洗い流し性能を確保しながら、確実な節水を行っています。
 
その節水効果は、月の水道料金やガス代の支払いで明確になるでしょう。
シャワーの節水は同時にガスに節約にも繋がります。
 
最新のシャワーヘッドは、お財布に優しいのです。
 
 

・体を包み込む優しい水圧

シャワーの水圧が強すぎて、シャワーが浴びれないという声を度々耳にすることがあります。
 
節水技術の結果、体を包み込むような優しいシャワーが数多く増えました。
打ち付ける様な抵抗感が少なく、体を包み込んでなでていくような優しい水圧のシャワーが多く登場しています。
 
そんな優しいシャワーでも、充分な水量は確保されていて、流し残しはありません。
 
ストレスのないシャワータイムを送る最適なシャワーです。
 
 

・マイクロバブルで高い洗浄力


『マイクロバブル』というのをご存知ですか?
 
マイクロバブルはシャワーのお湯の中に含まれる気泡で、そのサイズが50マイクロメートル以下とされています。
そのマイクロバブルがシャワーの中に含まれると何が違うのでしょうか。
 
じつは、マイクロバブルが含まれた水は、皮脂汚れに高い洗浄力を発揮することが証明されています。
 
マイクロバブルが皮脂汚れに付着し、汚れとともに浮き上がる事でお湯の流れに戻り、汚れを落としていってしまうのです。
 
その洗浄力は非常に高く、Panasonicの実験では、洗浄率が99.8%を示しました。
 
Panasonic:エステケアシャワー
 
例えば、シャンプーや石鹸等を使わない『湯シャン』をするのに適しています。
そこまで行かなくても、肌の弱い方なら、少ない用のシャンプーなどで軽く洗ったあと、このシャワーでしっかり洗い流せば充分な洗浄効果を期待できます。
 
マイクロバブルは、お肌の弱い方からゴシゴシ洗う方まで、肌に優しく汚れをスッキリ洗い流すシャワーに変えてくれるのです。
 
 

・お肌や髪に潤いを与える保湿・美容効果

シャワーだけでも高い保湿効果と美容効果
 
新しいシャワーヘッドは、お湯を保湿性の高い優しいお湯に変えます。
 
空気を含ませて節水をしたり、マイクロバブルを含ませることで、肌に適度に刺激を与えて活性化やリラックス効果をもたらします。
結果、汚れが落ちた肌に適度な刺激と保温効果をもたらし、保湿や美容の効果が期待できるようになります。
 
これも、刺激が少なく体を包み込むような優しいシャワーならできることです。
シャワーは洗うだけではなく、お肌にとっても嬉しい効果を期待できるようになりました。
 
 

・全身を包むようなシャワーで高いリラックス効果


今までのシャワーは、体の一部分だけ当たるようなものではありませんでしたでしょうか。
例えば、頭を洗っている時に背中が寒い、右腕を洗っている時に左半身が寒いなど、どうしてもシャワーが当たらないところがでて、寒い思いをしてしまってませんでしたでしょうか。
 
最新のシャワーは、全身を包むように広がるシャワーが多くあります。
しかも、設置位置を高くするシステムバスもでて、まるで洋画のシャワールームのように真上から包み込むようなシャワーを体験できるようになりました。
 
全身を包み込むようなシャワーで、寒いところがなくなります。
シャワーを浴びているのに、まるで全身湯船に使っているようなリラックスをもたらしてくれます。
 
今までのシャワーで体を温めると言うことは出来ていましたでしょうか。
新しいシャワーではそれが出来るようになったのです。
 
 

シャワーヘッドを変えるだけでも快適になるバスタイム

シャワーヘッド3
『最新の浴室のシステムバスが良いのは分かるけど、いますぐはちょっと・・・』
 
という方も多くいらっしゃることでしょう。
 
一気に沢山のものを変えるのは大変です。
ですので、出来る範囲から少しづつ変えていく事をおすすめします。
 
例えば、シャワーヘッド一つ変えるだけでも、バスタイムが大きく変わります。
汚れを落すだけじゃない、あたたまるだけじゃない、お風呂の時間が有益なリラックスタイムになり、心身ともにリフレッシュ出来るひとときになります。
 
いまのバスタイムはどのような気持ちでお過ごしでしたでしょうか。
 
ただ単にあたたまるだけでしょうか。
義務的に入ってるだけでしょうか。
 
そんなバスタイムを快適な時間に変えるために、少しづつ快適になれるものに変えていきましょう。
 
例えば、シャワーヘッドからいかがですか?
 
 
シャワーを始め、浴室のリフォームのことなら、京都・滋賀のフジ・ホームへご相談ください
 ↓
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

【快適な生活】内窓をつける事で得られる3つの良いこと

投稿日時
カテゴリー

『今の窓に一工夫』で得られる快適な生活

内窓のある生活
『室内が暑くて生活にしくい』
『家の中がカビが多くて困る』
『窓を閉めても外の音で生活がしにくい』
 
 

このような体験、したことないでしょうか。
何気なく生活をしていても、一見我慢をすればなんとかなりそうな悩みというのがあります。
 
ですが、それが毎日の話になりますと、『この我慢を毎日し続けないといけないのか』という思いになります。
 
これらの悩みの一部は、『外と家との環境差』で起こるものです。
それを防ぐには、壁中に防音・断熱材を入れることになりますが、生活をする毎日ではそれらの工事も難しいことでしょう。
 
ですが、それらを内窓なら軽減できます。
内窓について少し考えて見ましょう。
 
 

内窓の性能はここまで凄い

最新の内窓は、現代のライフスタイルに合わせて最新の技術で作られています。
数年前にあった「エコポイント制度」でも、内窓は大活躍でした。
 
内窓は、このエコポイントだけではなく、今の生活を改善するのにも大変役に立ちます。
今一度内窓の機能を確認してみましょう。
 
 

・断熱、遮熱でエコロジー

もともと、内窓があることで、空気の層が出来上がり、外からの熱や温度を防ぎやすくなります。
それにあわせて、内窓は樹脂製のサッシでより断熱性能が上がります。
さらに、ガラスそのものにも特殊なコーティングが施されていて、熱や日光をカット。
 
内窓の効果で、冷房や暖房の効果が高まり、光熱費の節約にも役に立ちます。
 
 

・結露防止で家事がラクラク

悩ましい結露
 
温度差があると、窓に結露が発生します。
結露はカーテンなどにつくと、カビやダニの原因になり、健康的な生活に悪影響を与えます。
 
内窓が、室内と外との温度差を熱をさえぎることで結露の発生を防ぎ、快適な窓際になります。
結露の掃除をしたことがある人はわかると思いますが、湿気と埃が混ざって固まった汚れの掃除から解放されます。
 
 

・防音効果で快適な居住空間

どこの家も、外の騒音からさえぎられているわけではありません。
生活が便利な地域は、外部からの騒音が多い地域でもあります。
 
内窓を設置することで、外からの騒音を防ぎ、快適な居住空間を手に入れられます。
あわせて、生活音が外に漏れにくい環境にもなります。
 
お互いの音を漏らさないやさしい生活環境を作ることができるのです。
 
 

「窓」で快適な生活空間を作れます

生活を気にしているのに、快適でないところが沢山あると思います。
一気に全部を変えられなくても、少しづつ改善することで、快適な生活に近づくことが出来ます。
 
例えば、外の気温や音に左右されない生活を送るために内窓を付けてみるなど。
 
たかが窓一つかもしれませんが、その窓一つで住環境が大きく変わるなら非常に良いのでは無いでしょうか。
 
『ちょっと変えるだけでいい暮らし』
 
そんなちょっとの変化をあなたも体験してみませんか?
 
快適な生活
 
内窓のリフォームについては、京都・滋賀ならフジ・ホームへお問い合わせ下さい

ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで