地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

キャッシュレスでリフォーム すると増税前より安いって知ってますか?

投稿日時
カテゴリー

【 キャッシュレスでリフォーム すると増税前よりも安くなるって本当ですか?】

キャッシュレスでリフォーム は得なのか?
「消費税が10%になってリフォーム代が高くなったから、リフォームをやめる」
というお話を聞くことが多いです。
 

実際、2%違うと100万のリフォームを行うと、今まで108万円だったところ、110万円になり2万円多く負担することになります。
 

『2万円も多く払うんなら、しないほうがいいわ』
そう思いの方も多くいらっしゃいますでしょう。
 

ですが少し待ってください。
もし、今までの見積もりよりも安くなったらどうしますか?
しかもそれが無理に安くしたものじゃなくて誰でも活用できるキャンペーンだったらどうしますか?
 

2019年10月1日は、消費税率が10%になった日でありますが、同時に『キャッシュレス・消費者還元事業』が始まった日でもあります。
『私は関係ないわ』という方も、実は関係があるキャンペーンなのです。
このキャンペーンはどんな買い物でもその対象であれば自動的に受けられるものなのです。
 

しかも、割引効果はその場で実感できます。
大なり小なり、お買い物をされる方には大変お得な制度です。
 
この『キャッシュレス・消費者還元事業』がどのようなものなのか、確認してみましょう。
 
 

【キャッシュレス・消費者還元事業とは】

キャッシュレス・消費者還元事業とは
キャッシュレス・消費者還元事業とは
 

『2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、 キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、 中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援します。 本支援を実施することで中小・小規模事業者における消費喚起を後押しするとともに、 事業者・消費者双方におけるキャッシュレス化を推進します。』(一般社団法人キャッシュレス推進協議会より)
 

という事業です。
詳しくは、下記のサイトをご覧ください。
キャッシュレス・消費者還元事業について
 

消費税の引き上げがきっかけになりましたが、日本ではキャッシュレス化が推進されていて、「現金を使うこと以外の決済」が広まりつつあります。
例えば古くはクレジットカードやデビットカード、新しくは電子マネーやQRコード決済などです。
 

これらの決済方法により会計を済ませると、「お買い物をした会社の大きさに応じて」2%か5%の割引を受けることができます。
これにより、キャッシュレスの特典を受けることができますので、非常に手軽に行えます。
 

クレジットカードなら、ほとんどの方がおもちですね。
 

リフォームも同じで、お支払いの時に、現金ではなくクレジットカードを使うと、リフォーム会社によりこのキャッシュレス割引が受けられます。
これにより増税前よりもお得にリフォームをすることができます。
 

では実際どのくらいお得にリフォームできるのか確認してみましょう。
 
 

【増税前と増税後とで、どのくらいお得になるのか調べてみました】

キャッシュレスでリフォーム 現金とカードはどっちが得なのか
多くの方のクレジットカードのショッピング枠は100~300万の間です。
生活費や通信費などの引き落としにカードを使っている方も多くいらっしゃいますので、50万ぐらいのリフォームを行う場合が現実的でしょう。
 

では50万のリフォームといいますと以下のような内容になります。
・トイレの入れ替え
・トイレの壁紙の張替え
・上記の工賃
これで大体50万ぐらいになります。
 

そこで増税前2019年9月31日以前ならば以下の金額になります。
50万×1.08=54万
 

4万円が消費税分ですね。
 

では増税後の今、2019年10月1日以降ならばどうでしょうか。
(2%引きの場合)50万×1.10*0.98=53.9万円
 

ここですでに増税前より1000円お得にリフォームができます。
 

(5%引きの場合)50万×1.10*0.95=52.25万円 
ただし5%が15000円を超える場合最大15000円までなので53.5万円
 

キャッシュレス割引5%引きの場合、50万だと最大金額になるので増税前よりも15000円お得にリフォームすることができます。
増税前と比較すると1%も割引されている計算になります。
 

これでも『増税後のリフォームは損だ』とお考えでしょうか。
さらにクレジットカードには会社によってポイントが加算されます。
1%ポイントが付くとすると。53.5万円分は5,350円ですね。
15,000円+5,350円=20,350円
お得になります。
増税前54万円の約3.8%です。
 

なんと、増税後キャッシュレスでリフォームを行うと実質最大3.8%の割引を受けているのと同じ状態になってしまうのです。
 

『増税だから、リフォームは諦める』とお考えだった方、いかがですか?
キャッシュレスキャンペーンは2020年6月30日まで行われています。
お考えになられるなら今がチャンスです。
 
 

【小規模リフォームはキャッシュレスでの支払いが断然お得です】

家の事をじっくり考えてみましょう
今回の増税による消費の減速は限定的だといわれています。
この22日間ではありますが、調べたり聞きまわってみたりすると、一般的な買い物に関しては買い控えがないようです。
 

ですが、家電をはじめとした多くのお金を必要とするお買い物に関してはこの増税分が影響してか買い控えている方が多くいらっしゃいます。
家電や自動車などの業界でその話を聞きましたので、リフォームや新築住宅に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。
 

クレジットカードで決済できる商品に関しては、家電製品やパソコンなどは上記の計算により増税前よりも安く購入することができます。
同じことが50万ぐらいのリフォームであれば言えるのではないでしょうか。
 

気になるトイレ、気になる壁紙、気になる洗面台、屋根や外壁の修理などなど、小規模の工事ならばクレジットカードでキャッシュレス決済ををお勧めします。
 

ただ、クレジットカードで決済できるリフォーム会社は多くありません。
ぜひお近くのリフォーム会社に尋ねてみてみましょう。
 

なお、フジ・ホームではクレジットカードで決済ができます。
お手軽リフォームもフジ・ホームにお任せ下さい。

 
 
 
京都と滋賀で、キャッシュレス決済でのリフォームについてのご相談は、ぜひフジ・ホームにご連絡下さい。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで