地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

2018年6月18日発生大阪府北部地震の 余震に対するご準備 のすすめ

投稿日時
カテゴリー

【大阪府北部地震の 余震に対するご準備 のすすめ】

この度は、6月18日に発生しました大阪府北部地震につきまして、改めまして謹んでお見舞い申し上げます。
現在も余震が続いておりまして、まだまだ予断を許さない状態が続いております。
大阪府北部を中心とした京都・奈良の皆様に憂いなくお過ごし頂けますようお祈り申し上げます。
 
余震に対するご準備 あなたのお住まいは大丈夫ですか?
前回のブログにて、現在被災された方々のお住まいの状況をお伝えいたしました。
これのほかに、雨漏りや家の歪みなど、地震において発生した問題は時間がたつごとにあらわになってきています。
今は大丈夫でも、知らぬ間にお住まいにダメージが蓄積され、余震で表面化するということも多くございます。
地震はその時が過ぎれば安心ではなく、その後の対応も非常に重要となってきます。
 
今回は地震後に被害を拡大させないために、さらなる余震が起きても大丈夫なよう万全の準備を整えていただきたく内容をまとめさせていただきました。
地震後にいろんなことが起こってます。同時にいろんな対策も行われています。
今までの生活を変えないためにも、少しの心がけをしていきませんか?

 
 

【地震や余震に対する備えは万全ですか?】

地震が起きた後に、家具や食器などが倒れたり散乱したりします。
その後片付けに大変時間と労力がかかります。
さらに、水道・ガスなどのインフラや物流などが止まってしまい、必要な物資が手に入らなくなる事も起こります。
地震が起こった時だけでなく、そのあとの余震でも同様のことが起こります。
 
地震そのものに対する備えを整えておくことで、それらの事態をしのぐことができます。
いま一度、身の回りの備えが万全であるか確認されることをお勧めします。
 

・お住まいの点検事項

地震が起こるといろんな問題が起こります。
その問題が起こらないようにするための日ごろの対策が重要になります。
最低限の項目をまとめました。
以下のポイントを今一度ご確認ください。
 
余震に対するご準備 家具の固定を忘れずに
・家具などの固定器具が緩んでいないか確認
・次の地震で家具や食器などが倒れたり落ちたいしないような器具の設置
・揺れても身の安全を確保できる部屋を作る(例:寝室など)
・家族の安否の確認方法
・飲料水、食料など生活必需品の確認と準備
 
地震の揺れに対してだけでなく、揺れた後の安全を確保できる部屋づくりや家族の安否確認方法を見直すことも重要です。
食品などは地震直後にお店からあっという間になくなってしまいます。
非常事態なのは全員同じですので、その時に慌てないように準備しておくだけでも大きく違います。
 
生活必需品の準備については、以下のものを最低限用意しておくと便利です。
 
余震に対するご準備 非常用袋を確認しましょう
・飲料水(1日3リットル×人数分×3日分:例 4人なら36リットル)
・食料(最低3日分、お勧め2週間分 赤ちゃん用の粉ミルクもあると便利です)
・携帯電話、ラジオ、懐中電灯、充電器(太陽光、手回し)
・常備薬、緊急医薬品類
・現金や貴重品(災害時はカードや電子マネーが使えないことが多くあります。現金のご用意をお忘れなく)
・保険証や連絡帳電、電話帳など
・下着類、タオル、ティッシュ、コンタクトレンズ、予備の眼鏡など生活衣料品
 
ほかにも、ラップやアルミホイルなども活躍します。
過去の震災ではアウトドアグッズで命をつないだ例もあります。
日ごろ使わないアウトドアグッズなど、一度確認されることをお勧めします。
 

・もし地震が起きてしまった時の対処の方法

突然の地震でも追ってくる余震でも非常に心乱される不安に襲われるものです。
身の安全を守るためにも、起こってしまった地震に対して安全を確保する行動ができるよう対処方法を常に意識することをお勧めします。
 
余震に対するご準備 避難経路を確保しましょう
・自分の身を守る
・揺れが収まるまで待つ
・火元の確認、ガスの閉栓
・出入り口の確保
 
物が落ちてきたり倒れたりしますので体や頭をまず守りましょう。
頑丈なテーブルなどの下が望ましいですが、クッションや座布団などで頭を守るだけでも効果的です。
 
そしてとにかく、揺れが収まるまで待ちましょう。
揺れている間は何が起こるかわかりません。
そして対処ができません。
揺れが収まってから行動しましょう。
 
揺れが収まったら、ガスを止めましょう。
地震での被害を拡大するのは火事です。
火事を未然に防ぐためにも、火元の確認は大変重要になります。
 
そして出口を確保しましょう。
今いる場所が必ずしも安全な場所であり続けるという保証はありません。
いつでも移動できるよう避難ルートの確保は重要になります。
その際は玄関を開放したり窓を開けたままにしておきましょう。

 
 

【現在の地震に対する取り組み】

大阪府北部地震以降、弊社でも地震被害調査を行ってまいりました。
現在、損害保険などの申請書類のための罹災(り災)証明書発行調査を各自治体で行っております。
震源に近い自治体の情報をご紹介します。
 
余震に対するご準備 り災証明書をお忘れなく
《大阪府》
高槻市
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kinkyusaigai/1529387164263.html ※現在終了しております

茨木市
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/toshiseibi/kyojuuseisaku/okyukikenndohantei.html ※現在終了しております

枚方市
http://www.city.hirakata.osaka.jp/0000019466.html ※現在終了しております

島本町
http://www.shimamotocho.jp/gyousei/kakuka/tosisouzoubu/tosikeikakuka/taishinhojyo/oukyukikenndohanntei.html ※現在終了しております

寝屋川市
http://www.city.neyagawa.osaka.jp/organization_list/hito_fureai/kikikanri/1529371362399.html ※現在終了しております

交野市
https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2018061800062/

門真市
http://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu/201806_302018618-2.html ※現在終了しております

箕面市
https://www.city.minoh.lg.jp/zeimu/risai.html

吹田市
http://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-zeimu/shisanzei/original/risai.html

守口市
http://www.city.moriguchi.osaka.jp/lifeinfo/kinkyu/1529538754690.html ※現在終了しております

大阪市
http://www.city.osaka.lg.jp/kikikanrishitsu/page/0000439576.html

※そのほか自治体につきましては、直接お問い合わせください。
 
≪京都府≫
大山崎町
http://www.town.oyamazaki.kyoto.jp/emergency/3786.html ※現在終了しております

長岡京市
http://www.city.nagaokakyo.lg.jp/emergencyinfo/0000000005.html ※現在終了しております

八幡市
http://www.city.yawata.kyoto.jp/emergencyinfo/0000000034.html ※現在終了しております

向日市
http://www.city.muko.kyoto.jp/kurashi/soshiki/somu/3/1/sonota/1529568091971.html ※現在終了しております

城陽市
https://www.city.joyo.kyoto.jp/emergencyinfo/0000000018.html ※現在終了しております

 
 
なお、お住まいの自治体が調査をしているかどうかにつきましては、市役所などにお問い合わせください。
 
現在、フジ・ホームでは地震で受けられました住まいの被害状況を無料で点検しております。
弊社所属の家屋調査の専門家がお伺いしまして、お住まいの状況を確認いたします。
2018年7月31日まで無料で点検を行っております。
 
もしお住まいの状態を確認されたい方がいらっしゃいましたら、ぜひフジ・ホームまでご連絡ください。
お時間を頂戴いたしまして、お住まいにご訪問をさせていただきます。

余震に対するご準備 フジ・ホームで被災点検を受け付けてます

 
 
 
被災されたお住まいについて、京都・滋賀ならフジホームまでご相談下さい。
メールフォームでは24時間お待ちしております。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで