地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

2018年6月18日大阪府北部地震 での被害状況と対策のお願い

投稿日時
カテゴリー

【 2018年6月18日大阪府北部地震 で数多くの家屋が被災しました】

過ぎる事2018年6月18日、茨木市・高槻市・摂津市を中心に震度6弱の大きな地震が発生しました。
被災されました皆様に、深くお見舞い申し上げます。
一日も早い復興に住まいのプロフェッショナル・リフォーム専門会社として尽力させて頂きます。

平素私達フジ・ホームは屋根や外壁の点検施工を通じまして、住まいの耐震化についてお話をさせていただいておりました。
屋根を軽くし、外壁を強くすることで、現在の新耐震基準震度6~7でも十分耐え抜く強い家にしようということです。

住まいを強くすることにつきましては、フジ・ホームは屋根外壁の工事を創業当時から行っている会社として社会的責任感をもってご対応させていただいております。
東日本大震災や熊本地震の際にも、遠方ながらご支援をさせていただきました。

今回は地元関西において発生しました大きな地震でした。
日頃ご関係頂いております遠方の皆様からも多くの心配の声をいただきました。

幸いフジ・ホームは震源地域から遠く離れている京都市山科区にあります為被害はありませんでした。
ですが、フジ・ホームが日頃お世話になっております京都南部では多く方が被災されました。

現在、毎日多くの方のお住まいの向かいまして、1棟でも多くのお住まいの応急対応をさせていただいております。
今回はその中でどのような被害が出ているのかをご紹介させていただきたいと思います。

 
 

【被災した家とその応急処置について】

6月18日の朝より、弊社にも多くの電話を頂戴しております。
チラシをご覧になられた方、ネットをご覧になられた方、ご紹介を頂いた方、数多くの方がご連絡をしてくださいます。
それはこのブログ公開の6月22日現在も続いており、フジ・ホームは一棟でも多くのお住まいの安全を守るために応急対応及び復旧工事のための調査を行わせていただいております。

その中で、実際に屋根などがどのような状態になっているのかをご紹介させていただきたいと思います。
地震での屋根の被災は目にする機会はなかなかありません。
ですが、実際に地震が起きてしまったら、それは我が身に降りかかることになります。
現在は地震が起きた時の対応としてご紹介しますが、これを「いつか来る地震のための対策」としてご参考にしていただければと願います。

 

・屋根の主棟、大棟と屋根全体の被災対応

2018年6月18日大阪府北部地震 主棟と屋根全体の崩れ対応前1
こちらでは、主棟と屋根の一部ズレが起こってました。
主棟を固定していた素材も剥がれてしまい、屋根全体が落ちてしまう寸前の状態です。

2018年6月18日大阪府北部地震 主棟と屋根全体の崩れ対応前2
主棟の痛みは激しく、屋根全体を抑えきれないほどの状態になってました。
この状態ですと応急処置後の早急な対応が必要となってきます。

2018年6月18日大阪府北部地震 主棟と屋根全体の崩れ対応後
今回は屋根瓦の大きな割れなど見受けられませんでしたので、キレイに並べ直して主棟を積み上げました。
そして雨が入らないように防風・防水・防湿シートでカバーをします。
これから、屋根の修理へと待つことになります。

 

・屋根全体の被災対応

2018年6月18日大阪府北部地震 屋根瓦全体ずれ対応前
こちらでは、屋根全体が大きくずれてしまい、屋根瓦の固定が剥がれてしまいました。
屋根を整えるだけでは隙間が発生し、雨漏りの原因になってしまいます。

2018年6月18日大阪府北部地震 屋根瓦全体ずれ対応後
今回は、屋根全体の揃え直しをしまして、その上からブルーシートをかぶせました。
雨や風に当たる面積を最小限に抑え、家に対するダメージを極力なくす措置がなされています。
このお住まいも早急の工事が求められます。

 

・主棟、大棟ずれの被災対応

2018年6月18日大阪府北部地震 主棟(軽微)崩れ対応前
こちらでは幸いにも屋根の大きなズレや割れなどありませんでした。
ただ、主棟の瓦のズレが有り、このままでは屋根全体のバランスが崩れてしまいます。

2018年6月18日大阪府北部地震 主棟(軽微)崩れ対応後
主棟から飛び出てしまった瓦を再び積みはめ直して、はずれぬように接着をしました。
こちらのお住いではその他に大きな異常は見られませんでしたので、これにて完了になります。

 
 

【発見は地域で、対処は専門家に依頼を】

地震による屋根や壁の異常は、意外と住まわれている方が発見しにくいところにあります。
今回お電話頂いた多くの方が、近所の方からのご指摘などで判明し、フジ・ホームに依頼をいただきました。
自分のお住まいを守るのは、自分自身だけではなく、地域の方々の協力があってもなされるのだと今回知ることができました。

屋根が地面に落ちてくると下を歩いている人にあたって危険であります。
それが近所の人であることも十分考えられます。
近所付き合いの深さは、地域の環境の安全を守るだけではなく、自身を含めた地域の人々の体の安全を守り、ひいては地域の人々のお住まいも守ることになるのだと感じました。

今回の地震ではまだ、住まいの異常に気づかれていない方も多くいらっしゃいます。
ご近所お声がけを行って、少しでも危険な状態をなくすよう心がけていただければと思います。

屋根や壁の異常については、フジ・ホームのような専門業者を及び下さい。
迅速に対応して応急処置を行い、後に適正な施工のご相談をさせて頂きます。

完全に安全な住まいや住環境のご協力を、フジ・ホームでは日々行ってまいります。

 
 
 
被災されたお住まいについて、京都・滋賀ならフジホームまでご相談下さい。
メールフォームでは24時間お待ちしております。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで