地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

東日本大震災発生から7年が経ちました。

投稿日時
カテゴリー
Pocket

2011年 3月11日(金)14時46分18秒(日本時間)
宮城県牡鹿半島の東南東沖130km(北緯38度06.2分、東経142度51.6分、深さ24km)を震源とする
東北地方太平洋沖地震が発生しました。

多くの方がお亡くなりになり、多数の負傷者が発生しました。
亡くなられた方々および、ご家族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。

こんにちは。
フジ・ホームシステム部です。

東日本大震災以降、「絆」という言葉を耳にする事が多くなったと思います。
「絆」には、「人と人との強い結びつき」という意味があるそうです。

弊社では、東北地方太平洋沖地震が発生した明くる日、救援に宮城県名取市へ向け出発しました。
その時見た光景は、今も鮮明に覚えており、7年経った今でも忘れる事が出来ません。
その後3月22日には、物資を届けにワゴン車2台4名で宮城県へ向け出発する等、
積極的に救援活動、義捐金プロジェクト等を行ってまいりました。
義捐金プロジェクト

人は大きな悲しみを知った時、「自分に何ができるのか?」を考えます。
何かを乗り越えようと努力する時、人は少しづつ大きくなります。
乗り越えられない試練は与えられません。
きっといつの日か、その時はやって来ると思います。

弊社の事業には、屋根の軽量化・耐震を通じて多くの命を守れる事業があります。
京都市助成金も一番多く活用している会社であり、
使命感溢れる仕事であり、社会貢献できる仕事であると実感しております。

これからも「絆」=「人と人との強い結びつき」を大切にし、
弊社事業を通じての社会貢献を行っていく所存です。

フジ・ホームのフジ・ホームの社会貢献活動

Pocket