地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

【 トイレの介護リフォーム 】介護のためにトイレのリフォームを考える

投稿日時
カテゴリー
Pocket

トイレの介護リフォーム について考えてみる

こんにちは。
フジ・ホーム システム部です。

介護リフォームについて、以前はお風呂の介護リフォームについて色々と書かせて頂きました。
介護リフォームとは、介護を行うために行うリフォームも、介護を前提に前もってリフォームすることも含まれます。

トイレというのは元々、それほど大きなスペースをとっていません。
1人の使用が大前提となっています。故に、リラックスできるスペースとも言われています。

 トイレの介護リフォーム について
こちらのお家では、トイレという空間そのものをリフォームするような大きな変更は行わず、トイレ本体の入替えに加え、手すりの設置。そして見えにくいですが、扉をスライドドアに変更しております。

 

・手すりをリフォーム

何はともあれ、まずは手すりです。
実際にトイレの介護リフォームを行ったお客様に話を伺うと、この手すりの位置がほんの少しずれると、それだけで身体への力の入り方が全く違ってしまうそうです。
トイレ本体の工事も併せて行うなら、トイレの取替え工事が完了後、実際に座って高さや位置の確認に加え。入り口から入り便座に座るまで、便座から立ち上がり出口から出るまで。この一連の流れがきちんと行えるかを確認し、適切な位置にご自身の体重を支える物があるのか確認する。そのぐらい慎重なほうがよろしいでしょう。

仮に一度取り付け、確認して、違和感を覚えた際はすぐに現場の職人や担当のスタッフに声を掛けたほう良いです。
気を使って言い出さず、後になって言うと、既に戻れないところまで工事が進んでしまっている場合もございます。
その為、調整の利くうちに声を掛けて要望を伝えたほうが良いでしょう。

 

・扉をリフォーム

次に扉です。
スライドドアは比較的、力を必要としないので開閉がしやすいのが特徴です。
また、車椅子の場合はスペースの問題もあり、ほぼスライドドア一択となってくるのではないでしょうか?
開くタイプの扉の場合、扉の前に物を置かれてしまうと、中の人が自力で開けることができずに閉じ込められてしまう場合もありますので、力に衰えを感じるのであれば、スライドのほうをお勧めします。

 

・床をリフォーム

床に関しては、クッションフロアに変更することで滑りにくく、また転倒時の衝撃もやわらげてくれます。

足の不自由になった家族は、それまでの自分の生活を維持しようと体に無理をして動こうとします。
ですが思った以上に動くこともできず、転倒をしてしまうということも多くあります。

そんな時に、今まで通りの堅い床のままだと、骨を折ってしまったり重大な事故につながります。
そのような事態を防ぐには、床をクッションフロアにすることで滑りにくく転倒時の衝撃を和らげる対策が必要となります。

 
 
 
 
介護リフォームについては、お風呂同様、トイレにも色々とやり方や制限もございます。
どのレベル(手すりだけでよいか、杖を使うのか、車椅子を使うのか)で必要があるのかにより、手すりの設置だけで良いのか、車椅子のスペースが必要なため増築、もしくは間取りを変更する工事を行うのか。と、工事規模が大きく変わります。
担当となるスタッフと良く相談してください。きっち、最良の方法を教えてくれることでしょう。

トイレの介護リフォームは、京都市・滋賀ならフジホームまでご相談下さい。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

Pocket