地域密着リフォーム一筋31年|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

【 お風呂の介護リフォーム 】介護のためにお風呂のリフォームを考える

投稿日時
カテゴリー

お風呂の介護リフォーム について考えてみる

こんにちは。
フジ・ホーム システム部です。

両親が、気がつけば70歳を超えており
漠然と”親”だと思っていた人たちが世間一般で見れば
お年寄りとして扱われる年齢になったんだと思い、
複雑な気持ちです。

話は変わりますが、介護リフォームという言葉がございます。
言葉のまま見ると、介護を行うためのリフォームと思いがちですが、
調べてみると「将来を見据えて住みやすい家にする」というリフォームも
介護リフォームに含まれるようです。

お風呂の介護リフォーム

 

・手すりをつける

浴室で言えば、2箇所についた手すりですね。これがあるだけでもだいぶ違います。
まず、浴槽を握って立ち上がる場合、やはり握力が入りにくい問題に加え、
滑りやすいので転倒の危険があります。
手すりは、握るために設計されている点、浴槽よりはるかに安全性が高いです。
しかし、手すりはしっかりとした下地と柱が必要ですのです。この下地と柱が無ければ
いざ体重を掛けた瞬間に手すりが壁ごとはがれてしまう可能性もございます。
手すりだけ後付けとなると、壁の中の柱の位置により思い通りの場所に手すりを
取りつけられなくなる事もございます。
手すりは浴室の工事を行う場合は予め担当者に要件として伝えて、しっかりと
位置を決めてから発注する方が間違いないでしょう。

 

・床の材質を変える

また、最近のシステムバスの床は乾きやすく、またタイルに比べて滑りにくい。
さらに、材質もタイルほど硬くないためタイル貼りの床に比べ総じて安全性が高いでしょう。
特に浴室は、浴槽から上がる際など急激な運動により、立ちくらみが発生しやすい場所でもあります。
「転倒しにくい」だけではなく、「転倒してしまった場合」という事も考えてクッション性の高い床材を
選ばれると良いでしょう。

 

・バリアフリーにする

さらに、写真では分かりませんが、浴室から洗面室までの段差をなくすことで
バリアフリーになり転倒の危険性を減らすことが出来ます。
また、高さという点では浴槽の深さや、浴槽から床までの高さも気にされると良いでしょう。

 
 

介護リフォーム は身体が元気なうちにしましょう。

こうしたリフォームは、身体が元気なうちにある程度用意しておいたほうがよいでしょう。
と、言いますのも浴室のリフォームですと、既存の浴室の解体作業や廃材撤去の作業など、
大きな音を立ててしまう作業や、時間を要する工程があり、
その間には必ず不自由を強いてしまうことになるからです。

お体が元気なうちは気にならなかったことが、いざ衰えを感じると気づいてしまう点も、
耐えられなくなる点も出てきます。

「古くなったから新しくしなければ」というリフォームもありますが、
介護リフォームの場合は「目的」をしっかりと持ち、目的を達成するための
多くの方法がございます。お風呂ならば手すりのようなアタッチメントや
床材のような材質、そして浴槽の高さといったシステムバスそのものの性能など
見るべき点は数多く存在するでしょう。
ご自身だけで調べるには限界もあるでしょうし、まずはご相談からはじめ、
“知っている人”からの知識を得る事も大切でしょう。
良い介護リフォームとなるよう、様々な手を使い、そして検討してください。

 
 
 
 
 
 
介護のためのお風呂のリフォームなら、京都・滋賀ならばフジ・ホームにご連絡下さい

ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで