地域密着リフォーム一筋31年|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

セメント瓦 の葺き替え時期について屋根のプロ『屋根診断士』が教えます

投稿日時
カテゴリー

セメント瓦 の葺き替え時期について

みなさん、こんにちは。
フジ・ホームの屋根診断士です。

今回は、少し真面目に、
セメント瓦についてお話します。

 セメント瓦 の葺き替え時期 |京都・滋賀リフォームするならフジ・ホーム

セメント瓦という屋根は戦後一番多く使用された屋根材です。
材質がセメントのため20年位経ちますと防水機能が低下し、
雨水が浸透し始め、
さらに放置すると雨漏りが発生します。

長所は、
材料が安く、漆喰等の手間が掛からないため
全体として工事価格が安くすみます。
日本瓦の土葺き工法と比べれば、
釘で瓦を固定するため瓦がズレたり、剥がれたりしにくいです。

短所は、
1坪140kgと重いので建物に掛かる負担が大きく、
瓦の重ね代が30~50mmと少なく、雨仕舞いが悪い。
雨仕舞いが悪いので、
下地が雨水にさらされやすく劣化を早め、
塗膜がはがれると、コケ・カビが発生し、
毛細管現象によりさらに防水機能が低下します。

 

 

セメント瓦葺き替えリフォームの目安について

屋根葺き替えリフォームの目安としては、
セメント瓦屋根は10年足らずで色褪せが始まります。
色褪せした状態が続きますとコケ・カビが発生します。

そうしますと雨が降るたびに毛細管現象によって瓦の裏側へ雨水が入り込み、
防水紙の劣化および下地木材の腐食が始まります。

コケ・カビが酷くなってから、塗装工事を行いますと、
屋根表面は綺麗になりますが瓦と瓦の間のコケ・カビが残っています。
数年で瓦と瓦の間にしみこんだ塗料が剥がれ再び毛細管現象により
雨水が侵入してしまいます。

コケ・カビが酷くなる前、早め早めに塗り替えを行えば長持ちします。
だけども、セメント瓦の耐用年数は20年前後のため、
まめに塗装を行っていても月日とともに割れやすくなりますので、
そのぐらいの時期が葺き替えの目安となります。

塗料が剥がれ、
セメント自体がむき出しになっているセメント瓦屋根のお宅をよくみますが、
雨漏りしているのではないでしょうか?
雨が降っている時、実際に部屋へ雨が落ちてきていなくても、
下地木材が腐食して天井裏を濡らしている可能性が非常に高いです。

下地木材が腐食するとセメント瓦を固定している釘が効かなくなり、
地震の際に瓦がずれたり、剥がれて落ちたりと非常に危険です。
心当たりのある方は、一度屋根の点検をされた方が良いと思います。

 

 

セメント瓦からの葺き替えオススメ屋根材

20年以上経ったセメント瓦屋根をリフォームされる場合、
重視しなければいけないのは重量です。
古いセメント瓦屋根のお宅は、
1981 年以前の旧耐震基準で建てられている場合が多く、
大地震の際に重いセメント瓦が乗っていますと倒壊の危険があります。
葺き替えリフォームされる際は、
重いセメント瓦を全て撤去し、軽い屋根材にされることを強くお勧め致します。

陶器瓦と違い、屋根材自体の寿命が短いので、
締め直し工事による瓦の再利用はまず出来ません。
葺き替えの際は必ず瓦撤去費用や付帯工事費用が発生します。
瓦降ろしをしてキレイで平らな状態にしてから屋根を葺いていきます。
軽量屋根材であれば波形状でも平板状でも屋根材の形状は関係なく選ぶことが出来ます。
セキスイ瓦のイオルーフがオススメです。

 セメント瓦 の葺き替え時期 |京都・滋賀リフォームするならフジ・ホーム

セメント瓦からセキスイ瓦イオルーフへの
葺き替え工事の施工事例も公開しております。

※2013年当時の記事になります。2018年現在の屋根材に関しては、フジ・ホームにお問い合わせ下さい。

お屋根のことなら、京都・滋賀ならフジホームまでご相談下さい。
24時間お待ちしております。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

———————————————-
京都 リフォーム フジ・ホーム

セキスイ瓦屋根リフォーム15年連続NO.1
屋根葺き替え・外壁塗装・水廻り何でも行います。

お気軽にご連絡下さい。

フリーダイアル:0120-272-833
屋根・外壁塗装専用:http://www.fujihome.net/
———————————————–