地域密着リフォーム一筋昭和61年創業|京都・滋賀でリフォームするならフジ・ホームにお任せください

  • 資料請求はこちらから
  • 無料お問い合わせ、無料お見積りはこちらから

Blogスタッフブログ

カラーベスト (平板スレート瓦)10年前後の屋根

投稿日時
カテゴリー
Pocket

カラーベスト (平板スレート瓦)10年前後の屋根

みなさん、こんにちは。
フジ・ホーム 営業部です。

今年に入ってからよく見かける屋根なのですが、
カラーベスト(平板スレート瓦)といって、
セメント、石綿シリカ、パルプ等を成分としているために
10年経過したくらいから屋根材への水分の吸収率が上昇し、
13年ぐらいすると変形収縮を起こし屋根材に
反り返りが見られるようになります。
 カラーベスト(平板スレート瓦)10年前後の屋根 |京都・滋賀リフォームするならフジ・ホーム

痛みが激しい屋根の場合、
普通に歩いていると割れているような音がしてきます。
しかし、下葺き材が屋根材の下に引いてあるので
雨漏りまではしないのが多いのですが、
一度釘穴などから雨水が入り出すと雨水の通り道を形成し、
下地材の劣化が始まるので早急にリフォームが必要になります。

10年前後の屋根ですが、
写真のような状態になっています。 

過去10年以上前(15年、20年以上前)の
スレートはこんなになっていません。

こちらの4枚の写真は、
 カラーベスト (平板スレート瓦)10年前後の屋根 |京都・滋賀リフォームするならフジ・ホーム

一度塗装をされていますが本体からめくれていますので
工事が必要になってきます。

また、こちらの写真は、
カラーベスト(平板スレート瓦)10年前後の屋根 |京都・滋賀リフォームするならフジ・ホーム

カラーベスト(平板スレート瓦)10年前後の屋根 |京都・滋賀リフォームするならフジ・ホーム

めくれてしまっている家で、
この間弊社にてカバー工法で施工しました。

一度、ご自身で確認できるところは、
見ていただくことをお勧めします。

カラーベストで10年前後のお宅(すべてのお宅ではないですが)にお住まいの方、
弊社において無料点検を行っておりますので、
ご相談お待ちしております。
ネットでのお問い合わせはこちらをクリックしてください
お電話でのお問い合わせは0120-272-833まで

Pocket